December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

CentOS7.6でoVirt 4.1 -> 4.2に更新して失敗、kvmをインストールやり直し

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

昨年、oVirt4.1をインストールしてみたのだが、oVirtに移行しそびれ、virshのままでqemu-kvmを使ってた。今日は、Cent OS7の更新でマイナーバージョン7.6にが上がってしまい、oVirt関連のパッケージの更新で依存関係のエラーが出るのがうっとうしいので、oVirt4.2のリポジトリをインストールしてみたところ、oVirt4.1のパッケージが一部残っていて、oVirt4.2がうまくインストールしきれていないようだった。手順をしくじっていたこともあるのだが。。。

なんとか、oVirt4.2に更新して、virsh list -all で、使っていたゲストOSのドメインがすべて見えなくなったため、virsh define でゲストOSの登録をし直そうとしたものの、qemu-kvm の実行がゆまくゆかず、ドメインの定義ができなくなってしまったため、oVirtのみならず、qemu-kvm と libvirt 関係も一旦削除してからインストールし直すはめとなってしまった。

(この記事の続きにその大筋内容を書いておくが、試行錯誤した作業の記憶をもとにしているので、正確を欠いていることにはお許しを。)
 

» read more

なんちゃってクアッドコアサーバー(その2)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

ふとしたことで、見つけたiMac用の増設メモリーが3年ほど前に組んだサーバーに使えるのではないかと思い、買ってみたのが今回の組み立てのきっかけ。前回使ったShuttle DS81(Haswell CPU用LGA1150ソケット)ベアボーンがDDR3L (Lは定電圧タイプ)対応だと思い込んでたけど、他のPCのことと勘違いしていたらしい。そもそも、そのベアボーンの仕様には、最大16GBと書いてあったのを覚えているので、メモリを増やしたい一心で、iMac用のメモリーを買ってしまったのは本当に出来心だった。

 

Komputerbay iMac(27-inch Late 2015)メモリキット(2 x 16GB 1600MHZ SO-DIMM 204 Pin) DDR3L PC3L-12800    ¥22,999- 円

 

この前のサーバが、既に3年が経つことを思いつつ、久しぶりに最近のベアボーンを見ていて、ふと目に留まったのが、Skylake CPUに対応したLGA1151ソケットのShattle DH110が、DDR3L メモリー対応で、ちょうど買ってあったiMac用メモリーが使えそうだった。

このベアボーンで動かせそうなLGA1151ソケット仕様でTDP 65W以下のCPUを探して、Xeonで低電力タイプのCPUの E3-1260L V5 が見つかり、さっそく落札した。そして、同時にDH110を注文した。

 

Intel Xeon E3-1260L V5 2.9GHz 4Core 45W (i7 6700T 相当)    ¥26,310- 円

Shuttle DH110 LGA1151対応 Intel H110チップセット    ¥23,780- 円

 

2日後にはCPUとベアボーンが手に入り、さっそくセットアップをして電源を入れてみると、プシュッ、スッ。という感じで一瞬ファンが回り、そして止まった。LEDは青い点滅をした。確かにDH110の仕様には、E3対応とは書いていなかった。前例では書いてなくても、CPUの仕様記述が合っているのでうまく行った。そういうこともままあると思い、さらに詳しい情報はないかと、探して見つけたDH110の英語版pdfファイルの仕様書を見ると、E3はだめだとはっきり書かれててあり、残念なことになった。

気を取り直し、E3-1260L V5 を見つけたときに気になっていたより速い Core i7 7700 を落札した。CPUのタイプはSkylakeの改良版 Keby Lake だった。(参考: https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Intel_CPU_microarchitectures )

 

Intel CORE i7 7700 3.6GHz 4Core 65W  ¥28,510- 円

 

翌日届いた Core i7 で無事動作した。当初余っていたハードディスクを使おうと思っていたのだが、せっかくなのでSSDを使いたいと欲が出てきて探してみると、ずいぶんと安くなっていた。3年前とくらべるとコストボリューム比は半額以下である。

 

Crucial CT500MX500SSD1/JP SSD 500GB 7mm/2.5インチ SATA3.0   ¥9,715- 円
 

かくして、勇み足で買ったE3-1260L V5を除けば、およそ¥85,000-円のPCサーバとなった次第。今回は Ubuntu-18.04 をインストールした。

(思ったより高価になってしまったが、H310チップセットでは、DDR4メモリがまだ倍くらいの値段なので、NVMe SSDと組み合わせてさらなる高速化という、次の楽しみができた。-- 2018-12-02追記)
 

MacMEMORYCore i7 7700

TightVNCでコピペ(クリップボード使用)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

TightVNCを使っていて、あれこれしているうちにコピー&ペーストができなくなって。。。

なんでかわからないので、まあいいかとsambaやssh-fuseでファイル共有したり、クラウドのドライブを使ったりしてはみるもののやはり不便。ググってみると、VNCServer側で vncconfig を実行しておく必要があるとのこと。

(なかなか見つからなかったので、URLを挙げておく)

http://blogcdn.rutake.com/blog/techmemo/2007/09/vncviewervncserver.html

 

あと、TightVNC では接続時のオプション(接続ウィンドウの"Options..."ボタンクリックで現れる"Connection Options"ダイアログ)に"Restriction" というスタンザがあり、その中に"Disable clipboard transfer"というチェックボックスがあるので、それがチェックされていないことを確認する。

 

残念ながら、クリップボード経由では、日本語の文字化けが発生する。

 

Drupal7 "PHP Fatal error: Call to undefined function user_access() " と言われ困った

VPSのサーバの様子がおかしくなり、やたら遅い。

`apt-get update` が1時間経っても終わらない状態。VPNがなんとか使えていたので、オーバーロードというわけではなさそう。

 

発生したのが前日の夜、明けても状態が変わらずで、シャットダウンもできなくなっていたので、コンソールで停止してから起動しなおした。しかし、結果は変わらず。`apt-get update`をして、急に遅くなったところでpsコマンドを実行し、プロセスを見ると、bgzip がいつまでも終わらないような感じでおそらくディスクI/Oの問題とみた。

とりあえずサポートに連絡、日中は使えないまま、夜になってやっと回復した。

 

それでも、http死活監視のメールが止まない。調べてみると、今度はWebサーバの問題。ログを見ると次の通りuser_access() 関数が無いと言われる。CMSを更新してから数ヶ月稼働していて、もとのソースアーカイブと比較しても変更はないことを確認した。

PHP Fatal error:  Call to undefined function user_access() in /home/infogres/drupal-7.59/includes/menu.inc on line 644

 

» read more

PBSPro for CentOS7.4

久しぶりにPBSProのダウンロードサイトを覗いてみると、PBSProのCentOS7用のパッケージが更新されていた。
当初のパッケージでは、libical.so.0 の依存関係が解決できず、CentOS 7.3以降では使えなくなっていたため、RPMSを展開して、rpmbuild で再構築する必要があった。これをするなら、githubのリポジトリからソースを持ってきて構築しても手間はかわらない。
その後、OpenSUSEのダウンロードサイトのCentOS7用リポジトリを設定し yum でインストールすることで解決していた。できれば、yum リポジトリのほうを更新して欲しいところだ。
さておき、新しいRPMパッケージのインストールだけでも確認しておくことにした。

JUGEMテーマ:コンピュータ

これまでの流れ:
» read more
12345>|next>>
pagetop