August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

なんちゃってXonくあっどこあさーば

JUGEMテーマ:コンピュータ

低消費電力Xonでサーバを組んでみた。
Shuttle DS81E3-1275L v3
Shuttle DS81というHaswell RefreshデスクトップCPUを搭載可能なベアボーンがあり、たまたまリファビッシュ製品がダイレクトショップで出ていた。前回ファンレスサーバを組んだ時には見送ったモデルだと思う。HaswellのソケットLGA1150対応でTDP65W以下のCPUを捜したところ、低消費電力のXonがあることを知った。CPUの価格は3万円を超すようで少し躊躇したが、自宅でクアッドコアサーバという洒落に逆らえず、パーツを買い始めてしまった。
  • DS81(リファビッシュ)ベアボーン; LGA1150 TDP65W以下、Intel H81 Expressチップセット、デュアルDisplay Port、HDMI、デュアルGB LAN、USB3.0, USB2.0、デュアルCOMポート 販売: Shuttleダイレクト ¥16,448
  • Transcend ノートPC用 PC3L-12800(DDR3L-1600) 8GB×2 1.35V(低電圧) - 1.5V 両対応 204pin SO-DIMM kit (無期限保証) TS1600KWSH-16GK 販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc. ¥ 12,980
  • Crucial [Micron製Crucialブランド] 自社製MLCメモリー搭載 MX200 2.5インチ 内蔵SSD ( 500GB / SATA 6Gbps / 7mm / 9.5mmアダプタ付 販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc. ¥ 25,025
CPUは、比較的手ごろでかつ低消費電力ということで、TDP25WのE3-1230Lv3、E3-1240Lv3あたりを物色してみた(ビデオチップ非搭載なので、シリアルコンソールにしようと)。ところが、残念なことに、1,2年前に出荷されたチップのため、PCパーツ屋さんにも在庫がなく、やっと見つけたバルク品は4万円近くと、当時よりかなり高くなっていた。しかたなく、クアッドコア諦めたまたまPCパーツ屋さんで売ってた1220Lv3を買おうとしたが、ちょうど売り切れ。そんなわけで、しばらくお預けにするつもりだった。 つもりだったけど、たまたまググってたらヤフオクで「Xeon E3-1275Lv3(2.9GHz) Bulk LGA1150 haswell」なるものが15,800円即決で出てるではないか(送料¥200)。これを逃して後悔したくはないと思い落札した。E3-1275Lv3は、TDB45Wと消費電力は大きくなるもののビデオチップが内臓なのでインストールは楽になる。
  • Intel Xon E3-1275Lv3 Bulk; 2.7GHz, Socket LGA1150, TDP45W, GPU HD(GT1), PCIe 3.0 ¥16,000
結局、総額¥70,453-也。CPU付きベアボーンとしては¥32,448とお買い得。 自分にとっては、デュアルコアAtom 330のShuttle X27D以来、4台目の宅内ミニサーバとなる。

※Shuttleマザーボードを入れるとShuttle FV24もあった。(2015-10-28)

シェリナベイビーナウで、shellinaboxdをインストール(CentOS 6)

JUGEMテーマ:インターネット  
 
久々で、自分ちサーバのアップデートを行った。先週のシェルショックで、少しあわててもいた。
やっと時間が取れた感じとなったので、何十年ぶりかのビートルズを聞きながら。。。

ついでに、懸案のShellinaboxがFedoraパッケージになっているというので、インストールしてみた。
CentOS 6では、EPELリポジトリを設定しておくことで、インストールができる。
( /etc/yum.repos.d/epel.repo https://fedoraproject.org/wiki/EPEL)

リポジトリの設定ができれば、あとは、簡単、
# yum install shellinabox

で、できあがり。以前、/usr/local/bin にインストールして、未設定のままだった shellinabox は捨てた。
設定は、/etc/sysconfig/shellinaboxd を編集して、特にないので、ポート番号4200を自分の好みの番号に変える程度。

PORT = 4200

ポート番号を変えると、iptablesの設定ポートも変える必要がある。/etc/sysconfig/iptables の次の行のポート番号4200を変更し、iptablesを再起動する。

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 4200 -j ACCEPT

残念なことに、sshdにPAM認証を許可しなくてはならない。/etc/ssh/sshd_config を編集して、

UsePAM yes

にする。
通常のsshdアクセスにおいて鍵認証との併用の場合、鍵認証に失敗するとパスワード認証を求めるようになるので注意。

準備ができたら、設定変更したサービスを再起動。
# service sshd restart
# service iptables restart
# service shellinaboxd restart

Webブラウザで https://localhost:4200/ とかアクセスして、動作確認。

次回リブートした際に自動起動したい場合は、次のコマンドを実行しておく。

# chkconfig shellinaboxd on



 

CentOS 5のアップデートがしばらくできなくて

JUGEMテーマ:コンピュータ
CentOS5のマシンのアップデートがやけに多いなあと思ったら、アップデートできてなかった。今日も yum update、こもっていると、ときどき気になって、日課のようになっている。

 Transaction Check Error:   file /usr/share/man/man1/curl.1.gz from install of curl-7.21.7-5.el5.remi.2.x86_64 conflicts with file from package curl-7.15.5-15.el5.i386

remiのパッケージのおかげでコンフリクトが起きてる。remiリポジトリから、phpの最新版を入れられて、便利なのだけど、ときどき手当が必要。

しばらく時間もなくて、そのままになってた。
書き物をしてると、煮詰まって気晴らしついでに、エラーメッセージで検索してみたりするのだけど、ぴったしの解決はなかったり、いっぱいパッケージを消してしまわなければならなかったりで、本腰入れて入れなおすのは、どうも気が進まないのばかり。

とまあ、なにげなく眺めてたのだが、

http://forums.fedoraforum.org/showthread.php?t=229277

で、ふと目に留まった短いおまじない。

rpm -ev --nodeps curl.i386

で、助かった気がした。このおまじないのあと、アップデートするとうまく置き換わったようだった。

Replaced:
  curl-devel.i386 0:7.15.5-15.el5       curl-devel.x86_64 0:7.15.5-15.el5    
 
まだ、もうひとつ解消できてない悩み事はあるのだが、こちらは、 --skip-broken で凌いでる。

Skipped (dependency problems):
  ImageMagick-last-libs.x86_64 0:6.7.8.10-1.el5.remi    




PogoplugのローカルIPアドレス

 
JUGEMテーマ:インターネット

pogoplugはmypogoplugから設定をすると、sshアクセスもできて結構遊べるらしいけど、

http://blog.goo.ne.jp/_memento/e/3e3ff2c11bb9e7625fe4f904a613d95a

IPアドレスがわからない。ゲートウェイルータのDHCPサーバのアドレス払出し情報を見ればよいらしいけど、それも面倒だということで、ググるとAPIで情報が取れるらしい。

http://ameblo.jp/uassist-ceo/entry-10884788306.html

まとめてみると次のような感じ。

MAILAD=mypogoplugアカウントのメールアドレス
PASSWD=パスワード
USERTOKEN=/tmp/usertoken.pogo.$$
wget -q -O - https://service.pogoplug.com/svc/api/loginUser¥?email=$MAILAD¥&password=$PASSWD > $USERTOKEN
VALTOKEN=`cat $USERTOKEN | sed -e '1d' -e '3,$d'  -e 's/.*"valtoken":"¥(.*¥)/¥1/' | cut -f1 -d¥"`
wget -q -O - http://service.pogoplug.com/svc/api/listDevices¥?valtoken=$VALTOKEN | sed -e '1d' -e '3,$d' -e 's/.*"apiurl":"http:¥/¥/¥(.*¥)/¥1/' | cut -f1 -d/

最初にユーザトークンを取得するときはパスワードを送るので HTTPS 暗号化セッションでアクセスして、次にそのトークンを使ってボックスの情報をとるときは HTTP アクセスと、セキュリティの配慮もされている。

pogoplugのOSはLinuxベースで busyboxでコンパクトにまとめられている。次は /sbin ディレクトリの中。

-bash-3.2$ uname -a
Linux Pogoplug 2.6.22.18 #81 Tue Oct 19 16:05:00 PDT 2010 armv5tejl unknown

-bash-3.2$ ls -l /sbin/
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 adjtimex -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 arp -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 fdisk -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 freeramdisk -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 fsck -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 fsck.minix -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 getty -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 halt -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 hdparm -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 hwclock -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 ifconfig -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 ifdown -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 ifup -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 init -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 insmod -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 klogd -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 loadkmap -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 logread -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 losetup -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 lsmod -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 makedevs -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 mdev -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 mkfs.minix -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 mkswap -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 modprobe -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 nameif -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 pivot_root -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 poweroff -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 raidautorun -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 reboot -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 rmmod -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 route -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 runlevel -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 setconsole -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 slattach -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 start-stop-daemon -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 sulogin -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 swapoff -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 swapon -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 switch_root -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 sysctl -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 syslogd -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 udhcpc -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 vconfig -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 watchdog -> ../bin/busybox
lrwxrwxrwx    1 root     root           14 Nov  4  2009 zcip -> ../bin/busybox

そんなわけで、 /etc の下もすっきりしている。

-bash-3.2$ find /etc
/etc
/etc/mtab
/etc/fstab
/etc/group
/etc/cefs.conf
/etc/shadow-
/etc/Wireless
/etc/Wireless/RT2870STA
/etc/Wireless/RT2870STA/RT2870STA.dat
/etc/dropbear
/etc/dropbear/dropbear_dss_host_key
/etc/dropbear/dropbear_rsa_host_key
/etc/ld.so.conf
/etc/inittab
/etc/nsswitch.conf
/etc/init.d
/etc/init.d/db
/etc/init.d/rcS
/etc/init.d/hbmgr.sh
/etc/init.d/dropbear.sh
/etc/init.d/udhcpc_ra0.sh
/etc/passwd
/etc/shadow
/etc/shells
/etc/resolv.conf
そんなわけでOSのフットプリントも、なんと15MB程度と驚きの小ささ。

-bash-3.2$ df -h
Filesystem                Size      Used Available Use% Mounted on
/dev/mtdblock2           32.0M     14.8M     17.2M  46% /
none                    125.0M     12.0k    125.0M   0% /tmp
/tmp/.cemnt/sda1         14.8G    165.6M     13.9G   1% /tmp/.cemnt/mnt_sda1

主要なプログラムは、/usr/local/cloudengines/ ディレクトリ下に配備されているようだ。


僕のパーソナルクラウド、Pogoplugきたる

評価:
---
Cloud Engines
¥ 6,307
(2011-02-04)
コメント:パーソナルクラウド実現のためのメディア。ストレージ(USBディスク)は別途用意する必要があるというお値段。このモデルは無線LANなし。
Amazonランキング: 1377位

略して、ボククラ。

アマゾンで注文して2,3日で届いた。

そういえばスピード比較で買った5400rpmの2.5インチHDDが余ってので、有効活用しようとPogoplugを買ってみたけど、そのままでは接続できなくてしょんぼり。USBに変換する必要がある。
もしかするとUSBメモリーも使えるのかなと思いつつも、使わないままアクティベートしてみたら、アクティベートはできた。
ネットワークプリンタも探してくれる(まだ出力にいたっていないけど)。電子メールの添付ファイルをプリントアウトしてくれるらしい。

ファイル共有のためのクライアントソフトもそろってる。 http://pogoplug.com/downloads
Automatically import files and media from your computer to Pogoplug.

For PC
Requires Windows XP/7

For Mac
Requires Mac OS 10.6.6 or above

For Linux*
32-bit i686
JUGEMテーマ:インターネット
64-bit x86_64
*Pogoplug drive access only


Pogoplug Mobile Apps: Stream and Share on Your Smartphone or Tablet
Download one of our free mobile apps to stream files to your smartphone or tablet.

For iPhone®
Requires iOS 4.3 or above

For iPad®
Requires iOS 4.3 or above

For Android™
Requires Android 2.2 or above

12345>|next>>
pagetop