November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Servermans@VPSの障害対応

JUGEMテーマ:インターネット

 

長年愛用していたServersman@VPSで、初めての障害遭遇。もっとも、障害にあったのは関西方面に追加して移設したVPSサーバで、当初CentOS7にアップグレードしようとして、 initscripts-9.49.17しばりであきらめ、向学のためUbuntu 14.4 で構築しなおしたものだった。もっとも、Ubuntu 14もEOLなのでリプレースを考えていたところだった。サービス会社からの報告によると、障害がおきたのは15時くらいで、 23時半前には復旧と称してるので、その日のうちに復旧しないサーバは初期化して、障害対応は終わりと受けとれる。

 

まあ、そんなわけで、この際CentOS7にアップグレードしようと再び思い、リプレースをはじめたのではあるが、途中、OpenVZ の initscripts-9.49 しばりでパッケージの更新ができない状況が改善されていないことが判り、セキュリティ上の不安があるので、結局、CentOS6に戻すことにした。

 

泣く泣く、元々使っていてスタンバイしていたテスト用サーバに切り替えることに。

 

# 管理画面を見てると、Serversman@Disk を契約しておけば、バックアップ/リストアができるようなので、このオプションもありかと思う。

 

Servermans@VPSでの iptables ルール数

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

OpenVZ環境下のiptablesルール数」を見て、なるほどと思ったので覚書。

 

不正アクセスをはじこうと、機械的にルールを増やしたところ、エラーメッセージがいつも最終行に出るので不思議だった。

# service iptables start

iptables: Applying firewall rules: iptables-restore: line 2899 failed
                                                           [FAILED]

# cat -n /etc/sysconfig/iptables | tail -3
  2897  -A INPUT -m limit --limit 1/s -j LOG --log-prefix "[IPTABLES INPUT] : "
  2898  -A INPUT -j DROP
  2899  COMMIT

 

OpenVZによる仮想環境では、iptablesの設定可能ルール数に上限があるということで、実際に調べてみた。

 

# head -2 /proc/user_beancounters ; grep numiptent /proc/user_beancounters

Version: 2.5
       uid  resource                     held              maxheld              barrier                limit              failcnt
            numiptent                      80                   83                  256                  256                    9

これでは、全然足りないわけだ。

 

CentOS7上のKVMディスクイメージを拡張する(3)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

台風19号襲来騒ぎで、投稿を忘れてたが、resize2fs で失敗したこと、既知のことだった。

CentOS 7(XFS)でLVMディスク拡張でハマったこと」にある通り、CentOS7のデフォルトファイルシステムは XFS だったという顛末。

 

 

 

 

 

» read more

CentOS7上のKVMディスクイメージを拡張する(2)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

http://a98.jugem.jp/?eid=458 の続き。

 

「LVMで新たにディスクを追加して既存のLVを拡張する」(Qiita)という記事を見つけたので、

これを見ながら、直接コンソールからパーティションを追加して、LVMを拡張してみることにした。


簡単に、既存の /dev/vda2 パーティションを切り直して大きくして(危険なので良い子はしないように)、lvextend で拡張しようとすると、

# lvextend -L +20Gb /dev/cl/root
  Insufficient free space: 5120 extents needed, but only 0 available

どうも、やり方違っているよう。なので、手順通りに物理ヴォリュームを作成、ヴォリュームグループに追加してから拡張するとうまくいった。しかし、その後が、う〜む、もうひといきな感じ。

 

» read more

CentOS7上のKVMディスクイメージを拡張する(1)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

検証用に建てたKVMのゲストOSに、GPUがらみのアプリを入れようとすると、cudaとかX11のライブラリとかを大量にインストールしようとして、20GBでは足りなくなってしまった。そこで、ググるとディスクイメージを拡張する方法が書いてあったので、やってみることにした。

参照:「KVMの仮想ディスクを拡張する方法」(Qiita)

なお、ゲストOSは、CentOS7上の virsh で管理していて、vnc を使っていない。

このため、パーティションを切りなおすためにCDROMブートのライブイメージのコンソールにアクセスできず、そこまで。

 


 

» read more
1
pagetop