February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Subversion にも SPNEGO 認証

WebDAV 同様 Subversion でも SPNEGO 認証できた。クライアントはWindows Webフォルダ。できてあたりまえと言われれば、そうなのだが、Subversion のモジュール mod_dav_svn を Apache2 の WebDAV に組み込んで使うには、ちょっとした注意が必要で、テストのために半日のつもりが一週間近くかかってしまった。

1. Apache2 の構成(httpd.conf) で、DocumentRoot と dav_svn に使う Location のパスに部分一致があると Subversion はパスの決定に混乱するようで、
svn: PROPFIND (URL: '/svn/repos'): 301 Moved Permanently
のエラーを出す。また、Location に指定するパスに Alias を指定してはいけないようだ。
http://www.neo.com.tw/archives/000259.html
http://subversion.tigris.org/faq.html#http-301-error

今回はパスの部分一致が原因で、SVNPath を変えてみた。
DocumentRoot /srv/www/htdocs
...

SVNPath /srv/www/htdocs/svn/repos/srv/dav/svn


2. クライアントのWebフォルダからのアクセスにはポート番号を指定する必要がある。デフォルト80番ポートでと思い込んでいたので、なかなか抜け出せなかった。

http://swan.domain.tld:80/svn/repos


ただし、現状ではWebDAVクライアントの cadaver や Subversion クライアントの svn から SPNEGO 認証ができないのは残念。

P.S. 思わぬ落し穴にはまっているとき、ヒントを下さったオルカ本の著者に感謝する。
http://a98.jugem.jp/?eid=216

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop