October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Google Talk は Jabber なので

Google Talk の評判をあまり耳にしないのだが、 Jabber のプロトコルを使っているということを今ごろになって知った。考えてみれば、Google Talk に関する記事をまじめに読んだことがなく、意識しはじめたのも最近のことだった。もちろん、リリースされた昨年夏頃のニュースや記事を見れば、Jabber であることも書かれていたのだが(音声も使えるらしい)。リテラシー上の問題で、一年くらいまえから徐々に使わなくなってきてたので、興味もわかなかった。

しかし、世の中の流れはそうはさせてくれず、そうした苦手なツールの調査も避けては通れない。かつて友人にいろいろと教えてもらったことや雑誌の記事で目にしたキーワードをたよりに、暗号化セッションを張れるということで Jabber に辿りついた。それで、実際に試してみようとパッケージにしてみたわけだった。

それも束の間、中継サーバをたてる手間を考えたら、結局、Skype でいいじゃんと言われることになりそうだ。Skype ではメッセージの暗号化が行なわれる上に、サインインをした後はP2Pでのセッションとなり、中継サーバへの負荷がなくてすむ。今ごろになって皆さんが騒いでいた理由がわかったような気がする。興味を失うということは恐ろしいことだとつくづく感じる。

話をJabber に戻すと、先日 Jabber をパッケージしたついでに、キャラクタ端末版クライアントの centericq もパッケージしたのだが、これと Google Talk とでも通信ができるということである。あたりまえだが、Gmail アカウントで Google Talk サーバにサインインするだけである。
centericq はキー操作なので使いづらいのだが、慣れてくるとそれなりに便利な面もある。centericq で Jabber へは暗号化セッションを張れるのだが、残念なことに Google Talk では暗号化の設定の仕方が見つからなかった。

GoogleTalk は音声通話もサポートしていて、先頃リリースされた festoonのプラグインを使うと、Skype とのテレビ電話もできるようになるそうだ。

IMツールを使わなくなってから一年くらいになるだろうか。もともと、苦手意識があってIRCやCu-SeeMeなどのツールを使うのを無意識のうちに避けてきたのに、世の中の流れに乗り遅れまいと使い始めたのは失敗だった。電子メールとは異なるリテラシーにうまくなじめなかったので結局使わなくなってしまった。

電子メールは地球の反対側の人達と一緒に仕事をするために使い始めて、仕事の中断をすることなく連絡が取れることに味をしめたのだが、気がつくと仕事中に電話を受けることさえ苦手になっていた。やっつけ仕事の山ばかりに囲まれながら、雑用で割り込みを受けることで、集中していたものを突然プツリ切られてしまう経験から、仕事中を中断されることに対して非常な恐怖心を抱くようになってしまった。そんなわけで、ページャーや携帯電話など持つことにも抵抗を感じて、極力さけてきたのだった。

仕事中に私用電話を受ける習慣も無く、IMでの会話に集中することも難しく、話が思わぬ展開へと進んでしまい困ってしまうこともある。プライベートでも絵文字の勘違いから相手の気持ちを汲み取れず自分の意図とはうらはらに傷つけてしまったり、誰かが自分になりすましていたのではないかと疑いたくなような思いもかけないことを言われて落ち込んでしまったり。そうしたショックからトラウマになり、IMを使わなくなっていた。

しかし、世の中因果なもので、こんなときに限って、セキュリティに配慮のあるIMツールを調べなくてはならなくなったりするのだ。あらためて、IMツールの便利さや実用性を再認識することになった。あとは上手な使い方のスキルを身につけなくてはならない。

スポンサーサイト

comments

   

trackback

スカイプ名登録と通話方法

前号でスカイプのダウンロードの方法を書きましたので、今号はスカイプ名の登録方法と通話方法について書きます。相手のスカイプ名をコンタクトリストに登録すれば、クリックひとつで、スカイプを持っているもの同士で、通話が楽しめる訳です。スカイプのダウンロードが

  • スカイプ最新情報
  • 2007/04/22 7:39 PM
pagetop