June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Off the Shelf

評価:
Keith Emerson
Sanctuary
¥ 1,286
(2006-04-25)
JUGEMテーマ:音楽


Emerson Lake & Palmer の要のキースエマーソンのソロアルバム。プレイをはじめるとかすかに始まりそして徐々に高まって行く、オーケストレーションになった「ボレロ」がしっとりとしてよい、ドラムの軽快なリズムと管楽器の素朴な音がなんとも良い味を出している。
アルバムジャケット内側のキースの写真を見ると、歳をとったなあとついつい思ってしまう。考えてみるともう30年以上もロックミュージックの世界に新風を吹き込み次々と新しい試みをやったきたんだ。キースのクラシック、ジャズに精通した素養が年齢と伴に贅沢になってくるオーディエンスの耳を飽きさせない。
不思議なもので、歳をとるとだんだんと舌が肥えて食べるものにうるさくなってくる。良い食材はチューブ入りの市販のマヨネーズよりも、素材とバランスした微量の自然塩のほうが味が良く分かる。同じように耳も肥えてくると、音も微妙なところが分かるようになるのか、電子音よりも自然なアコースティック音のほうが良くなってくる。
そんなわけでキースの音楽は、自然とオーディエンスを彼がアレンジした元の曲へともいざなってくれる。クラシックやジャズにさほど興味のなかった自分が、ホロヴィッツの「展覧会の絵」のレコードを買ってみたり、ビルエバンスの「インタープレイ」のCDを買ってみたりすることだってある。

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop