July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

たまには過去を見ることも


評価:
城戸久枝
情報センター出版局
¥ 1,680
(2007-08-20)
コメント:戦争には思ったよりも多くの不幸が隠されている
JUGEMテーマ:読書

夏休みに帰省したおり、松山にある母校の同級会で知った。同窓生の城戸久枝さんが大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。
http://www.bunshun.co.jp/award/ohya/index.htm
文系の学校であったのでそれほど驚くことでもないし、同窓生というだけで知り合いというわけではないが、なんとなく身近な気がして機会があれば読んでみよう思っていた。秋に同窓会東京支部の懇親会で何冊か配られ、手にすることができた。本を開いて、写真に写っていたその祖母の方の顔が、中学時代にいた同姓の同級生とあまりにも似ていたので驚いた。

この本の著者の父親が満州で親と生き別れとなり、中国で大事に育てられながらも、文化大革命という渦の中で、中国で生きる道を閉ざされ、必死の思いで日本に帰ってきたのだ。そして、この著者自身も成人し必然としてパンドラの箱を開き父親の足跡を追うことになる。
そこには、今もってあまり語られず忘れさられようとしている満州国で哀れな末路をたどった多くの日本人の物語が隠されていた。しかも、まれに生きて日本に帰っても、日本の傀儡政権であった満州国軍に入隊した兵士は日本国軍の兵士とは同じ待遇を受けられず、戦後の補償もそれに準じたものとなっていたことを知る日本人は多くはいないのだろう。そして、それ以上に多くの民間人が二度と日本の地を踏むことがなかった。その数12万人と言われている。
中国の人々のストレートで過激な気性と家族に対する深い愛情もしっかりと語られている。それは、かつては日本人も持っていて今は忘れかけているもののようでもある。貧しくても必死に生きる人々の心のよりどころが家族である。そして、それを脈々と受け継いでゆく家があり、一所懸命に墓を守ってゆくのだろう。

それにしても、上京し核家族となり都会で生活している自分はどうするのか考えさせられる。そういう価値観さえ失い新しい生き場所を求めてさまようジプシーになろうとしているようにも思える。
今日はしばらく閉じて置いてあったこの本を開き、エピローグを読んだ。

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop