March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

CentOS 5.x のpostgresql を再びpgdg84レポジトリに戻す

JUGEMテーマ:コンピュータ


CentOS5のマシンにログインして、sudo yum update を実行するといっぱい更新があった。アップデートしてみると CentOS 5.7 になってた。

$ cat /etc/issue
CentOS release 5.7 (Final)
Kernel ¥r on an ¥m


まあ、それはさておき、つい先日のこと。
あるサイトにpgdg84レポジトリからインストールしていたpostgresql-8.4.x を何気なく更新してみたら、最新の8.4.9に更新された。それではと思い、自分のサーバでCentOSのbaseレポジトリからインストールしたpostgresql84パッケージシリーズ( http://a98.jugem.jp/?eid=402 )を削除して、pgdg84レポジトリに戻してみたところ、8.4.7から8.4.4へダウンデートとなってしまった。最新版にアップデートされたサーバの /etc/yum.repos.d/pgdg-84-centos.repo と比較してみたが違いは見当たらない。
結局、レポジトリのRPMが更新されていることがわかったので、それをインストールしなおしてみたところ、無事最新版への更新ができた。


$ sudo yum erase postgresql84 postgresql84-server postgresql84-contrib
$ sudo rpm -Uvh http://www.pgrpms.org/8.4/redhat/rhel-5-x86_64/pgdg-centos-8.4-3.noarch.rpm
$ sudo yum --disablerepo=base --enablerepo=pgdg84 install postgresql postgresql-contrib postgresql-server

用意されているパッケージは、次のサイトでリストを見ることができる。



右上あたりにパッケージの頭文字へのリンクがある。それを見るといろいろ揃っているので試してみると面白い。

$ sudo yum install plproxy pgbouncer postgis pgadmin3 phpPgAdmin pg_top
...

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop