October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Bash on Windows で postgresql

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

Windows10 Build 15002からPostgreSQLが稼働するようになったようだ。

 

昨年(2016年)9月に、Windows Subsystem for Linix で動く、Bash on Windows がUbuntu 16.04 にアップグレードされていた。しかし、Build 14936 残念ながら共有メモリが使えなくて、postgresql のサーバは使えなかった。

 

今年になって、Build 15002で shmctl, shmget, shmdt, shmat がサポートされた。

( https://msdn.microsoft.com/en-us/commandline/wsl/release_notes )

 

これによって、共有メモリが利用可能となり、postgresql のサーバも稼働するはずであると思い、BoW をインストールしてなおしてみた(手順は、WSL その33 - Ubuntu On Windowsをインストールするには(Windows 10 Anniversary Update版) を参照)。

 

Ubuntuのインストール後に、以下のように、一般の Ubuntu と同様に postgresql をインストールする。

$ sudo apt install postgresql postgresql-contrib

インストールができたら、サービスを起動してみる。

$ sudo /etc/init.d/postgresql start

サービスが起動したら、postgres ユーザで接続してみる。

$ sudo su postgres -c 'psql'

psql (9.5.8)

Type "help" for help.

postgres=# ¥l

....

普通にインストールできるようになっていた。

ちなみ、共有メモリの状態は次のとおり確保されていた。

$ sudo su -c 'ipcs -a'
------ メッセージキュー --------
キー     msqid      所有者  権限     使用済みバイト数 メッセージ

------ 共有メモリセグメント --------
キー     shmid      所有者  権限     バイト  nattch     状態
0x0052e2c1 0          postgres   600        56         6

------ セマフォ配列 --------
キー     semid      所有者  権限     nsems

 

 

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop