October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

PBSPro for CentOS7.4

久しぶりにPBSProのダウンロードサイトを覗いてみると、PBSProのCentOS7用のパッケージが更新されていた。
当初のパッケージでは、libical.so.0 の依存関係が解決できず、CentOS 7.3以降では使えなくなっていたため、RPMSを展開して、rpmbuild で再構築する必要があった。これをするなら、githubのリポジトリからソースを持ってきて構築しても手間はかわらない。
その後、OpenSUSEのダウンロードサイトのCentOS7用リポジトリを設定し yum でインストールすることで解決していた。できれば、yum リポジトリのほうを更新して欲しいところだ。
さておき、新しいRPMパッケージのインストールだけでも確認しておくことにした。

JUGEMテーマ:コンピュータ

これまでの流れ:

PBSProのRPMパッケージは、

 

http://www.pbspro.org/Download.aspx#download

 

からダウンロードできる。現時点の最新版アーカイブは、 pbspro_14.1.2.centos7.zip で、内容構成は以前と変わらずSRPMも含んでいる。

このアーカイブを伸張し、pbspro-server-14.1.2-0.x86_64.rpm を取り出してインストールする。お試しでは、1台のホスト上に構成するため、その他のパッケージは不要だ。

 

rpmをインストールする前に、依存パッケージをインストールしておく。

$ sudo yum install -y expat libedit postgresql-server python sendmail sudo tcl tk libical hwloc libICE libSM perl-Env perlSwitch

続いて、pbspro-server をインストールする。

$ sudo rpm –ivh pbspro_14.1.2.centos7/pbspro-server-14.1.2-0.x86_64.rpm

以上で、インストールは終わり。

次はPBSサーバの構成を、実行ノードサーバ(pbs_mom)も走るようにするため、構成ファイルの/etc/pbs.confを編集する。変更は、 PBS_START_MOM=0 を1に変更する。また、 PBS_SERVER にホスト名が設定されるが、このホストの登録が/etc/hosts にあるか確認する(DNSでアドレス解決がされない場合)。IPアドレスは 127.*.*.* のループバック用以外にする。

 

 

 

構成が終わったら、サーバを起動する。

$ sudo systemctl start pbs.service

 

サーバが起動したら、PBSコマンドパスを通して、

 

$ export PATH=/opt/pbs/bin:$PATH

Qmgrでバッチキュー確認。

$ qmgr -c 'p s'

Max open servers: 49
#
# Create queues and set their attributes.
#
#
# Create and define queue workq
#
create queue workq
set queue workq queue_type = Execution
set queue workq enabled = True
set queue workq started = True
#
# Set server attributes.
#
set server scheduling = True
set server default_queue = workq
set server log_events = 511
set server mail_from = adm
set server query_other_jobs = True
set server resources_default.ncpus = 1
set server default_chunk.ncpus = 1
set server scheduler_iteration = 600
set server resv_enable = True
set server node_fail_requeue = 310
set server max_array_size = 10000
set server pbs_license_min = 0
set server pbs_license_max = 2147483647
set server pbs_license_linger_time = 31536000
set server eligible_time_enable = False
set server max_concurrent_provision = 1

 

そして、qsubコマンドでジョブを実行してみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop