October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

CentOS7上のKVMディスクイメージを拡張する(1)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

検証用に建てたKVMのゲストOSに、GPUがらみのアプリを入れようとすると、cudaとかX11のライブラリとかを大量にインストールしようとして、20GBでは足りなくなってしまった。そこで、ググるとディスクイメージを拡張する方法が書いてあったので、やってみることにした。

参照:「KVMの仮想ディスクを拡張する方法」(Qiita)

なお、ゲストOSは、CentOS7上の virsh で管理していて、vnc を使っていない。

このため、パーティションを切りなおすためにCDROMブートのライブイメージのコンソールにアクセスできず、そこまで。

 


 

まず、`qemu-img info`でディスクイメージファイルの状態を確認。

# qemu-img info /var/kvm/images/edison7arrow.img
image: /var/kvm/images/edison7arrow.img
file format: qcow2
virtual size: 20G (21474836480 bytes)
disk size: 18G
cluster_size: 65536
Format specific information:
    compat: 1.1
    lazy refcounts: true

続いて、ディスクサイズの拡張。

# qemu-img resize /var/kvm/images/edison7arrow.img +20GB
Image resized.

そして、拡張されたことを確認した。

(virtual size: 20G だったのが、40G になった)

# qemu-img info /var/kvm/images/edison7arrow.img
image: /var/kvm/images/edison7arrow.img
file format: qcow2
virtual size: 40G (42949672960 bytes)
disk size: 18G
cluster_size: 65536
Format specific information:
    compat: 1.1
    lazy refcounts: true

 

続いて、gparted のライブイメージで起動し、パーティションとファイルシステムの拡張をしようとしたが、キャラクタ端末からはコンソールにアクセスできなかった。

手順は次のように、ダウンロードしたISOイメージをCDROMドライブに接続して、そこから起動するようにする。

1) まず、ISOイメージのダウンロード

# wget -O gparted-live-1.0.0-5-amd64.iso https://sourceforge.net/projects/gparted/files/gparted-live-stable/1.0.0-5/gparted-live-1.0.0-5-amd64.iso/download
長さ: 359661568 (343M) [application/octet-stream]
`gparted-live-1.0.0-5-amd64.iso' に保存中

# file gparted-live-1.0.0-5-amd64.iso
gparted-live-1.0.0-5-amd64.iso: # ISO 9660 CD-ROM filesystem data 'GParted-live' (bootable)

2)KVMのCDROMドライブとし、ブートできるようにする

# mv systemrescuecd-6.0.3.iso /var/kvm/cdroms/

※参照: https://mycfg.net/articles/booting-from-a-cdrom-in-a-kvm-guest-with-libvirt.html

# virsh
#Now edit the domain, my example here will be called squeeze (as in debian squeeze), adjust the name to whatever the name of your guest is.
virsh # edit edison7arrow

<disk type='file' device='cdrom'>の部分を追加し、編集箇所は、次の <soure file=...> のところと、

<disk type='file' device='cdrom'>
  <driver name='qemu' type='raw'/>
  <source file='/var/kvm/cdroms/systemrescuecd-6.0.3.iso'/>
  <target dev='hdc' bus='ide'/>
  <readonly/>
  <address type='drive' controller='0' bus='1' unit='0'/>
</disk>

ブートデバイスの指定箇所にcdrom を追加。

<os>
  <type arch='x86_64' machine='pc-0.12'>hvm</type>
  <boot dev='cdrom'/>
  <boot dev='hd'/>
</os>

保存して抜けると、次のメッセージ:

ドメイン edison7arrow XML の設定は編集されました

ブートはしたようだが、virsh のコンソールからアクセスしてみても、プロンプトが帰ってこなかった。グラフィカルな画面が必要なのか?ブートパラメータをいじってみたが、結局よくわからなかった。

 

 

以下の、レスキューイメージも試してみたが、こちらもコンソールにアクセスできずじまいだった。

 

 http://www.system-rescue-cd.org/Quick_start_guide/
 https://mycfg.net/articles/booting-from-a-cdrom-in-a-kvm-guest-with-libvirt.html

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop