November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

CentOS7上のKVMディスクイメージを拡張する(3)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

台風19号襲来騒ぎで、投稿を忘れてたが、resize2fs で失敗したこと、既知のことだった。

CentOS 7(XFS)でLVMディスク拡張でハマったこと」にある通り、CentOS7のデフォルトファイルシステムは XFS だったという顛末。

 

 

 

 

 

そんなわけで、追加した物理ボリュームを追加したままとなっていたボリュームグループ(/dev/mapper/cl-root)についてやってみた。

 

# df -h /
Filesystem           Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/cl-root   17G   14G  3.9G  78% /

これを、xfs_growfs を使って拡張してみる。

# xfs_growfs /dev/cl/root
meta-data=/dev/mapper/cl-root    isize=512    agcount=4, agsize=1113856 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=1        finobt=0 spinodes=0
data     =                       bsize=4096   blocks=4455424, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=1
log      =internal               bsize=4096   blocks=2560, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 4455424 to 9697280

という具合に、簡単に拡張できた。

念のため確認してみた。

# df -h /
Filesystem           Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/cl-root   37G   14G   24G  36% /

 

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop