March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

CentOS 5.xに mercurial と hgweb のインストール

JUGEMテーマ:コンピュータ

最近使っていて、ローカルコミットができて便利な mercurial(Hg)
(チュートリアルはこちら
http://mercurial.selenic.com/wiki/JapaneseTutorial )

自分の管理するサーバにもインストールしてみようと思い、Web検索をすると、「Mercurial/TortoiseHGの使い方・リポジトリサーバの立て方」なんて、TortoiseHGというWindowsクライアントからも使えて便利そうなタイトルのサイトがみつかった。

さっそくインストールをしてみたわけだが、/var/hg/test/repos にレポジットリを作成して、Webアクセスインターフェースを/var/hg/test/index.cgiで設定するという感じ。

うーむ。複数のレポジットリを簡単に扱えないかなあと、再びWeb検索してみると、「Publishing Mercurial Repositories」になんかありそう、結局mercurialのソースアーカイブにhgwebdir.wsgiなるものが含まれているということわかり、「Apacheとmod_wsgiでMercurialのリポジトリを提供する」というmod_wsgiの文書が見つかった。
mod_wsgiを使えばApache httpdのモジュールとして実行できるので、処理も少し速くなりそうと、hgweb.cgi から hgwebdir.wsgiに変更してみた。こちらの設定は、バーチャルホストにしてhgwebdir.wsgiの設定ファイルでリポジトリの親ディレクトリを指定するだけ。あとは、そのディレクトリの下に複数のレポジットリを作成できて、アクセスもできるというので簡単。はいおしまいなのだが、さて、認証をどうしようかと立ち往生ってしまった。
考えてみると、おやつ程度に借りているVPSサーバではメモリーが少なくて、デーモンにメモリを捧げてしまうと、返って処理が遅くなりそうな感じ。最近、端末アクセス中にハングアップしたのかと思うくらいしばらく停止してしまう。


そんなわけで、結局、cgiに戻すことにした。最初に試したサイトに紹介されていたように、ベーシック認証なら、htpasswd.php (http://www.nurs.or.jp/~sho/scripts/php/htpasswd/)でパスワード管理もできるので便利である。
ついでに、cgiでディレクトリを扱えるdayflowerさんのスクリプトも発見。
http://d.hatena.ne.jp/dayflower/20080226/1204013008


そんなわけで、最終的には以下のようなインストール手順になったはず。



» read more

CentOS 5.x+utterramblings+remi で安定版最新LAMP環境

Utter Ramblingsのレポジトリが更新されて、 httpd 2.2.17, mysql 5.1.52, php 5.2.16 and more…となってたので、x86_64 環境のCentOS-5.5で更新をしてみた。 MySQLはしばらく、使ってなかったので気がつかなかったが、ふと試したところ起動できなかった。

101231 17:45:58 mysqld_safe Starting mysqld daemon with databases from /var/lib/mysql
101231 17:45:58 [ERROR] Error message file '/usr/share/mysql/english/errmsg.sys' had only 480 error messages, but it should contain at least 641 error messages. Check that the above file is the right version for this program! /usr/libexec/mysqld: Unknown error 1146
というエラーメッセージが出力された。このエラーは、ひとつ前のUtter Rabmling版の9月の更新でも報告されているが、
http://www.jasonlitka.com/2010/09/13/mysql-5-1-packages-live-php-httpd-also-upgraded/comment-page-2/#comment-78333
原因がはっきりしないまま、その後、最新版がリリースされている。 とりあえず、エラーメッセージで検索する、このエラーについての対処が述べられていた。
http://paragasu.wordpress.com/2010/06/24/centos-5-4-mysql-error-errmsg-sys-should-contain-481-errors-messages/
JUGEMテーマ:コンピュータ
» read more

CentOS5インストールメモランダム

 書き忘れてたが、コトのおこりは最新版をrpmで求めてインストールしたことだった。
とりあえず、ログを載せておこう。

::::::::::::::::::::::::::::
install remi php
::::::::::::::::::::::::::::
# Install PHP from Remi repository
#  http://blog.famillecollet.com/pages/Config-en
#
wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.r
pm
wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
rpm -Uvh remi-release-5*.rpm epel-release-5*.rpm
yum --enablerepo=remi,epel install php php-pecl-apc

# Install drupal from RPMForge repository
#  http://rpmrepo.org/RPMforge/Using
#
wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386
.rpm
rpm -Uvh rpmforge-release-0*.rpm
yum --enablerepo=remi,epel,rpmforge install drupal

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
install pgdg postgresql and tseach
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
# Install postgresql from PGDG repository
#  http://yum.pgsqlrpms.org/howtoyum.php
#
wget http://yum.pgsqlrpms.org/reporpms/8.4/pgdg-redhat-8.4-2.noarch.rpm
rpm -Uvh pgdg-redhat-8.4-2.noarch.rpm
yum install postgresql-devel

# Install mecab and ipadic from Toriton Project
#  http://sourceforge.jp/projects/tritonn/releases/
#
wget http://sourceforge.jp/frs/redir.php¥?m=iij¥&f=%2Ftritonn%2F44615%2Fmecab-0.
98-tritonn.1.0.12a.i386.rpm
wget http://sourceforge.jp/frs/redir.php¥?m=jaist¥&f=%2Ftritonn%2F44615%2Fmecab-
ipadic-2.7.0.20070801-tritonn.1.0.12a.i386.rpm
rpm -Uvh  mecab-*.rpm

# Install textsearch_ja postgresql japanese full text search module
#  http://textsearch-ja.projects.postgresql.org/textsearch_ja.html
#
wget http://pgfoundry.org/frs/download.php/2287/textsearch_ja-8.4.2.tar.gz
tar xvfz textsearch_ja-8.4.2.tar.gz
cd textsearch_ja-8.4.2
make USE_PGXS=1
make USE_PGXS=1 install
tar cvfz ~/textsearch_ja-8.4.2-el5-i386.tgz /usr/lib/pgsql/textsearch_ja.so ¥
        /usr/share/pgsql/contrib/uninstall_textsearch_ja.sql ¥
        /usr/share/pgsql/contrib/textsearch_ja.sql



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
install pgdg postgresql 9
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
(rpm -ivh http://yum.pgsqlrpms.org/reporpms/8.4/pgdg-centos-8.4-2.noarch.rpm)
wget http://yum.pgsqlrpms.org/reporpms/8.4/pgdg-centos-8.4-2.noarch.rpm
rpm -ivh pgdg-centos-8.4-2.noarch.rpm
yum --enablerepo=pgdg84 install postgresql
yum --enablerepo=pgdg84 install postgresql-contrib postgresql-server
(rpm -Uvh http://yum.pgsqlrpms.org/reporpms/9.0/pgdg-centos-9.0-2.noarch.rpm)
wget http://yum.pgsqlrpms.org/reporpms/9.0/pgdg-centos-9.0-2.noarch.rpm
rpm -Uvh pgdg-centos-9.0-2.noarch.rpm
yum --enablerepo=pgdg90 update postgresql
--
# ls  /usr/pgsql-9.0/ /var/lib/pgsql/
/usr/pgsql-9.0/:
bin  lib  share

/var/lib/pgsql/:
9.0

--

CentOS 5.x+remi で libmysqlclient.so.15 の問題解決

JUGEMテーマ:コンピュータ
remi, epel, rpmforge, pgdg などのリポジトリを追加してカスタマイズした CentOSサーバだが、さて、メールサーバも試してみようと DoveCot をインストールしようとしたら、依存ライブラリがないと怒られた。調べてみると remi レポジトリに mysqlclient15 というパッケージが存在するというので、これをレポジトリを指定してインストールしておけば、dovecot もインストールができた。
# yum -y --enablerepo=remi install mysqlclient15
...
 もう少し詳しくは、

» read more

DynamicDNSの登録と自動更新設定

JUGEMテーマ:インターネット
仲間内のサーバでDynamicDNSを使わせてもらっていたのだが、サーバのトラブルでしばらく、止まってしまった。以前は、DynDNS.comのサービスも同時に(バックアップ用として)使っていたがいつしか更新をサボるようになったため、アカウントも失効していたのだった。

InfoTalk で知人と話していたら、今では、DynDNSの自動更新サービス用のスクリプトも用意されているということだったので、もう一度使ってみることにした。ddclient という名前のプログラムであるが、Webで検索してみると、日本語の解説ページがあったので参考にさせてもらった( http://d.hatena.ne.jp/suika6039/20090814/1250265371 )。

DynDNS.comの ddclient のサポートページ http://www.dyndns.com/support/kb/using_ddclient_with_dyndns_services.html を見ると、

Acknowled gment: Much of the info in the KB article is extracted from the ddclient home page.
とあるので、http://sourceforge.net/apps/trac/ddclient を訪れてみると、3.8.0 がリリースされていた。これをダウンロードして、展開すると ddclient-3.8.0/README ファイルがあるので、それを見ればインストールの手順もわかる。そこにあったように、大体次のようなコマンドでインストールができた。

cp ddclient /usr/sbin/
mkdir /etc/ddclient
mkdir /var/cache/ddclient
cp sample-etc_ddclient.conf /etc/ddclient/ddclient.conf
vi /etc/ddclient/ddclient.conf
-- ホスト名、ログイン、パスワードを設定(後述する)
cp sample-etc_rc.d_init.d_ddclient /etc/rc.d/init.d/ddclient

chown root:root /usr/sbin/ddclient ¥
                        /etc/ddclient/ddclient.conf ¥
                        /etc/rc.d/init.d/ddclient
chmod go-rwx /etc/ddclient/ddclient.conf
 
/sbin/chkconfig --add ddclient
/etc/rc.d/init.d/ddclient start
/etc/ddclient/ddclient.conf の設定は、次のページが参考になった。
http://my-server.homelinux.com/ddclient.php

実際の設定は以下のようにした(差分にて記述)。
# diff sample-etc_ddclient.conf /etc/ddclient/ddclient.conf
53c53
< #use=web, web=checkip.dyndns.org/, web-skip='IP Address' # found after IP Address
---
> use=web, web=checkip.dyndns.org/, web-skip='IP Address'
64,65c64,65
< #login=your-login                             # default login
< #password=test                                        # default password
---
> login=xxxxxxxxxx
> password=xxxxxxxxxx
75,77c75,83
< # server=members.dyndns.org,          ¥
< # protocol=dyndns2                    ¥
< # your-dynamic-host.dyndns.org
---
> server=members.dyndns.org,            ¥
>  protocol=dyndns2                     ¥
>  infogres.dyndns.biz
> server=members.dyndns.org,            ¥
>  protocol=dyndns2                     ¥
>  infogres.mine.nu
> server=members.dyndns.org,        ¥
>  protocol=dyndns2            ¥
>  aries.dynalias.net

DynDNS.com のサービスでは、DynamicDNSのサブドメインを5つまで無料で登録可能。今回は、いくつか使ってみようと3つほど登録してみたのだった。

ddclientの動作は、次のコマンドで確認できる。

# ddclient -daemon=0 -debug -verbose -noquiet
トラブルシューティングについても README ファイルに書かれているので、うまくゆかない場合はそちらを参考に。

今回は、デーモンモードでのインストールを行ったが、CRON モードでもインストールも可能のようだ。


<<back|<123456>|next>>
pagetop