October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Bash on Windows で postgresql

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

Windows10 Build 15002からPostgreSQLが稼働するようになったようだ。

 

» read more

BoW(Bash on Windows)でPostgreSQL没

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

Bash on WindowsでPostgreSQLをインストールしてみたが、PostgreSQLはサービス不能。共有メモリがつかえないので仕方なし。

 

» read more

Raspbery Pi3 でpgbench、mysqlbench との比較

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

今日は、体育の日ということで、今年5月のGW頃やってみたRaspberryPi3でのpostgresqlとmysqlのベンチマークを思い出した。

 

Raspberry Pi3でpostgresql のベンチマークをしてみると、Pi2とは全く違う結果が出てきたので、MySQLと比較してみた。

Raspberry Pi2までのベンチマークで、うまく説明ができないような結果の違いに釈然としないものを感じたままだった。

普段使っているIntel系アーキテクチャでのベンチマーク結果ではそんなに違わないのになぜRaspberry Piでは大きく違うのだろうか。メモリーサイズなのか、アーキテクチャなのかと。今回のベンチマークの結果、デフォルトのエンジンの特性が違っていたようだ。


 

» read more

CentOS 6でバッチシステムといえばTORQUE(OpenPBS)

バッチシステムとしてOpenPBSから派生したTORQUEがEPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)ディストリビューションに用意されている。一般的に、OSにEPELリポジトリを追加登録し、必要なパッケージをインストールすると利用可能になるので便利である。
現在、EPELに用意されているTORQUEのバージョンは、4.2.10 で、インストールすれば、TORQUEの設定から始めることができる。
http://docs.adaptivecomputing.com/torque/4-2-10/Content/topics/1-installConfig/initializeConfigOnServer.htm

 

改訂履歴

  • 2016-11-24 (追加) ホスト名登録、munge実行手順、ノードの追加等
  • 2016-12-10 (訂正) タイトル CentOS 7 -> CentOS 6、ノードダウンでジョブが走らなくなっていた

 
 

» read more

pgbenchで自宅サーバ徒競走(つづき)

JUGEMテーマ:コンピュータ

先日のベンチマークの続きで、Raspberry Pi2 のストレージに遅いマイクロSDを使うのはもったいないという気になったので、実際どのくらい違うものか試してみた。先日は8GB 500円くらいの最大読み出し 30MB/sec というのを使ったが、今回は 16GB 1000円くらいの最大読み出し 80MB/sec というのを使った。

結果は期待どおり(あたりまえか)速くなった。
 
» read more
<<back|<1234567>|next>>
pagetop