May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

JPUG合宿チューニング大会

JUGEMテーマ:コンピュータ

JPUG合宿2010新潟(月岡温泉)


2月20日21日新潟の月岡温泉で開催されるが、今年はまだ余裕があり、締め切りが2月10日まで延長された。

 http://www.postgresql.jp/branch/niigata/niigata2010camp

JPUG合宿というとpostgresqlチューニング大会。昨年は盛岡の繋温泉だったが、ATOMマシンを借りて行われた。お題はブログサイトを想定したもので、tpcblog-2009と命名された。
Z520、RAM2GBのSSDのマシンだったと記憶する。うちに設定ファイルを持ち帰り、atom330のデュアルコアマシンでCentOS5上で試したが、なかなか同じような性能は出なかった。1時間のランにてパラメータを調整してトライしてみたが、8時間耐久をしようとすると途中でストップしてしまったり。やはり、微妙に違うのかとあきらめた。
考えてみるとtypeP同じようなスペックである。SSDの劣化を気にして試してなかったが、実際にやってみると、Windows上でも同様の性能が出ているのを確認した。

ちなみに昨年のお題は以下のとおり、今年は何になるのだろう?
» read more

plproxyとpgbouncerのハンズオン・スクリプト

skypeの中の人が開発したpostgresql の高可用性を高めるためのツールであるpgbouncerとpl/proxy というツールの使い方を学ぶハンズオンで使うための参考資料です。

pgbouncerはコネクションプーラー、pl/proxy はクエリープロクシーで、これらを効果的に使うことで、オンラインのままスケールアウトすることができるすぐれもののツールです。

このハンズオンは、pgbouncerとpl/proxyがそれぞれどういった働きをするのかという基本をおさえ、実際に試すして理解することを目的としています。

最終的に、もっとも単純な構成で、簡単なパーティショニングとレプリケーションを実装してみることが期待されます。


::::::::::::::
0.initdb-clusters.sh
::::::::::::::
#!/bin/bash -f
#
# initdb clusters for test
#
DBNAME=jpug
DATAROOT=/home/$DBNAME/pgsql

for i in 0 1 2; do ¥
  PGDATA=$DATAROOT/data${i}
  if [ ! -e $PGDATA ]; then
    echo "$USER ¥$ initdb -E UTF-8 -D $PGDATA"
    initdb -E UTF-8 -D $PGDATA
    ( cd $PGDATA; ¥
      mv postgresql.conf postgresql.conf.bak; ¥
      sed -e "s/#port = 5432¥t/port = 5432$i¥t/" ¥
         postgresql.conf.bak > postgresql.conf; ¥
      grep "port =" postgresql.conf
    )
  else
    echo -n "ERROR: already existed: "
    file $PGDATA
      grep "port =" $PGDATA/postgresql.conf
  fi
done

exit
::::::::::::::
cluster-start.sh
::::::::::::::
#!/bin/bash -f
#
# start postgres for each data clusters
#
DBNAME=jpug
DATAROOT=/home/$DBNAME/pgsql
mkdir -p $DATAROOT/log

for i in 0 1 2; do ¥
  PGDATA=$DATAROOT/data${i}
  PGLOG=$DATAROOT/log/pgdata${i}
  if [ -d $PGDATA ]; then
    echo "$USER ¥$ pg_ctl -D $PGDATA -l $PGLOG start"
    pg_ctl -D $PGDATA -l $PGLOG start
    sleep 2
    TESTDB=`psql -p 5432$i -Al | cut -f1 -d¥| | grep -v = | grep $DBNAME`
    if [ "$TESTDB" = "" ]; then
      echo "$USER ¥$ createdb -p 5432$i $DBNAME"
      createdb -p 5432$i $DBNAME
    fi
  else
    echo "ERROR: database is not existed: $PGDATA"
  fi
done

exit
::::::::::::::
cluster-stop.sh
::::::::::::::
#!/bin/bash -f
#
# stop postgres for each data clusters
#
DBNAME=jpug
DATAROOT=/home/$DBNAME/pgsql

for i in 0 1 2; do ¥
  #echo "$USER ¥$ dropdb -p 5432$i $DBNAME"
  #dropdb -p 5432$i $DBNAME

  PGDATA=$DATAROOT/data${i}
  echo "$USER ¥$ pg_ctl -D $PGDATA stop"
  pg_ctl -D $PGDATA stop
done

exit
::::::::::::::
pgbouncer-start.sh
::::::::::::::
#!/bin/bash -f
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib

DBNAME=jpug
DATAROOT=/home/$DBNAME/pgsql
CONFIGFILE=$DATAROOT/pgbouncer_test.ini

echo "<pgbouncer.ini>: $CONFIGFILE"
grep port $CONFIGFILE
AUTHLINE=`grep auth_file $CONFIGFILE`
echo $AUTHLINE
AUTHFILE=`echo $AUTHLINE | cut -f2 -d=`
echo -n "<account>: "
grep $DBNAME $AUTHFILE

echo "$USER ¥$ pgbouncer -d $CONFIGFILE"
pgbouncer -d $CONFIGFILE

PIDFILE=`grep pidfile $CONFIGFILE | cut -f2 -d=`
echo -n "PID = "
cat $PIDFILE
echo ""

exit
::::::::::::::
pgbouncer-stop.sh
::::::::::::::
#!/bin/bash -f
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib

DBNAME=jpug
DATAROOT=/home/$DBNAME/pgsql
CONFIGFILE=$DATAROOT/pgbouncer_test.ini
PIDFILE=`grep pidfile $CONFIGFILE | cut -f2 -d=`

echo "$USER ¥$ kill ¥`cat $PIDFILE¥`"
kill `cat $PIDFILE`

rm -f $DATAROOT/log/pgbouncer_test.pid
LOGFILE=`grep logfile $CONFIGFILE | cut -f2 -d=`
tail -1 $LOGFILE

exit
::::::::::::::
pgbouncer_test.ini
::::::::::::::
;;;
;;;see: http://pgbouncer.projects.postgresql.org/doc/config.html
;;;

;; database name = connect string
[databases]
proxy = host=127.0.0.1 port=54320 dbname=jpug user=jpug password=xxxxxxxx
part1 = host=127.0.0.1 port=54321 dbname=jpug user=jpug password=xxxxxxxx
part2 = host=127.0.0.1 port=54322 dbname=jpug user=jpug password=xxxxxxxx

;; Configuation section
[pgbouncer]
admin_users = admin
stats_users = stat_collector

;;;
;;; Administrative settings
;;;

logfile = /home/jpug/pgsql/log/pgbouncer_test.log
pidfile = /home/jpug/pgsql/log/pgbouncer_test.pid
;;;
;;; Where to wait for clients
;;;

; ip address or * which means all ip-s
listen_addr = 127.0.0.1
listen_port = 6666

;;;
;;; Authentication settings
;;;

; any, trust, plain, crypt, md5
auth_type = trust
#auth_type = plain
auth_file = /home/jpug/pgsql/pgbouncer_test_u.txt

;;;
;;; Pooler personality questions
;;;

; When server connection is released back to pool:
;   session      - after client disconnects
;   transaction  - after transaction finishes
;   statement    - after statement finishes
pool_mode = session

; When taking idle server into use, this query is ran first.
;
; Query for session pooling:
;   ABORT; RESET ALL; SET SESSION AUTHORIZATION DEFAULT
; Query for statement/transaction pooling:
;   SELECT 1
; Empty query disables the functionality
server_check_query = select 1

; If server was used more recently that this many seconds ago,
; skip the check query.  If 0, the check query is always ran.
server_check_delay = 5000

;;;
;;; Connection limits
;;;

; total number of clients that can connect
max_client_conn = 50
default_pool_size = 50

;;;
;;; Timeouts
;;;

; Close server connection if its been connected longer.
server_lifetime = 120

; Close server connection if its not been used in this time.
; Allows to clean unneccessary connections from pool after peak.
server_idle_timeout = 60

; Cancel connection attepmt if server does not answer takes longer.
server_connect_timeout = 15

; If server login failed (server_connect_timeout or auth failure)
; then wait this many second.
server_login_retry = 15

; Dangerous.  Server connection is closed if query does not return
; in this time.  Should be used to survive network problems,
; _not_ as statement_timeout. (default: 0)
query_timeout = 20

; Dangerous.  Client connection is closed if no activity in this time.
; Should be used to survive network problems. (default: 0)
client_idle_timeout = 0


;;;
;;; Low-level tuning options
;;;

; buffer for streaming packets
pkt_buf = 2048

;;;
;;; networking options, for info: man 7 tcp
;;;

; linux: notify program about new connection only if there
; is also data received.  (Seconds to wait.)
tcp_defer_accept = 0

;; following options are reloadable, but apply only to
;; new connections.

; in-kernel buffer size (linux default: 4096)
tcp_socket_buffer = 0

; whether tcp keepalive should be turned on (0/1)
tcp_keepalive = 0

;; following options are linux-specific.
;; they also require tcp_keepalive=1

; count of keepaliva packets
tcp_keepcnt = 0

; how long the connection can be idle,
; before sending keepalive packets
tcp_keepidle = 0

; The time between individual keepalive probes.
tcp_keepintvl = 0
::::::::::::::
pgbouncer_test_u.txt
::::::::::::::
"postgres" "xxxxxxxx"
"jpug" "xxxxxxxx"
"admin" "xxxxxxx"
"someuser" "same_password_as_in_server"
::::::::::::::
test.sh
::::::::::::::
if `sed -e 's/#port = 5432¥t/port = 54320¥t/' postgresql.conf > postgresql.conf.new`; then
  echo "success"
else
  echo "fault"
fi
::::::::::::::
test1-1.remotetable.sql
::::::::::::::
-- load this on your remote server like:
-- psql -s -p 54321 jpug -h 127.0.0.1 -f test1-1.remotetable.sql
DROP TABLE ユーザ;
CREATE TABLE ユーザ (
  ユーザ名 text,
  メール text
);

INSERT INTO ユーザ VALUES('さいとう','z-saito@jpug');
INSERT INTO ユーザ VALUES('くわむら','juk@jpug');
insert into ユーザ values('saito', 'h-saitou@ipa');
insert into ユーザ values('kuwamura', 'kuwamura@gmail');

::::::::::::::
test1-2.proxyfunction.sql
::::::::::::::
-- load this for your local server like:
-- psql -s -p 54320 jpug -f $PGSHARE/contrib/plproxy.sql
-- psql -s -p 54320 jpug -f test1-2.proxyfunction.sql
CREATE LANGUAGE plpgsql;
CREATE LANGUAGE plproxy;
CREATE FUNCTION ユーザメール取得(指定ユーザ text)
RETURNS SETOF text AS $$
  CONNECT 'port=54321 host=127.0.0.1 dbname=jpug user=jpug password=jpug';
  SELECT メール FROM ユーザ WHERE ユーザ名 = $1;
$$ LANGUAGE plproxy;

SELECT * from ユーザメール取得('くわむら');
::::::::::::::
test1-3.proxyfunc2pgbouncer.sql
::::::::::::::
-- ここでは、PgBouncerを通して接続してみます
-- use pgbouncer port to start psql like:
-- psql -s -p 6666 proxy -f test1-3.proxyfunc2pgbouncer.sql
CREATE OR REPLACE FUNCTION ユーザメール取得(指定ユーザ text)
  RETURNS SETOF text AS $$
  CONNECT 'dbname=part1 port=6666 host=127.0.0.1';
  SELECT メール FROM ユーザ WHERE ユーザ名 = $1;
$$ LANGUAGE plproxy;
SELECT * from ユーザメール取得('さいとう');

::::::::::::::
test2-1.proxyschema.sql
::::::::::::::
-- PL/Proxyの構成関数群を定義するためのスキーマ(plproxy)を生成する
-- psql -s -p 54320 jpug -f test2-1.proxyschema.sql
CREATE SCHEMA plproxy;

-- クエリをリモートデータベースに送る必要があるとき、 plproxyは
-- plproxy.get_cluster_partitions(cluster)関数を呼び出し、
-- 各パーティションに送るための接続文字列を取得する
-- (パーティションの数は2の階乗でなくてはならない)
CREATE OR REPLACE FUNCTION plproxy.get_cluster_partitions(cluster_name text)
RETURNS SETOF text AS $$
BEGIN
  IF cluster_name = 'クラスタ' THEN
    RETURN NEXT 'port=54321 host=127.0.0.1 dbname=jpug user=jpug password=xxxxxxxx';
    RETURN NEXT 'port=54322 host=127.0.0.1 dbname=jpug user=jpug password=xxxxxxxx';
    RETURN;
  END IF;
  RAISE EXCEPTION 'クラスタ名が見つかりません';
END;
$$ LANGUAGE plpgsql;

-- plproxy.get_cluster_version(cluster_name) 関数は、リクエスト毎に
-- 呼び出され plproxy.get_cluster_partitions() の結果キャッシュを
-- 出力として再利用できるかどうか決定する
CREATE OR REPLACE FUNCTION plproxy.get_cluster_version(cluster_name text)
RETURNS int4 AS $$
BEGIN
  IF cluster_name = 'クラスタ' THEN
    RETURN 1;
  END IF;
  RAISE EXCEPTION 'クラスタ名が見つかりません';
END;
$$ LANGUAGE plpgsql;

-- plproxy.get_cluster_config() 関数はパラメータを調整する。
-- ここでは接続の持続時間を設定している。
-- 他のパラメータについては本体付属文書を参照のこと。
CREATE OR REPLACE FUNCTION plproxy.get_cluster_config(
  in cluster_name text,
  out key text,
  out val text)
RETURNS SETOF record AS $$
BEGIN
  -- lets use same config for all clusters
  key := 'connection_lifetime';
  val := 30*60; -- 30min.
  RETURN NEXT;
  RETURN;
END;
$$ LANGUAGE plpgsql;


::::::::::::::
test2-2.proxyfunction1.sql
::::::::::::::
-- パーティショニングされるリモート呼び出し
-- psql -s -p 54320 jpug -f test2-2.proxyfunction1.sql
-- ここでは、ユーザ・テーブルは、ユーザ名のハッシュ値によって
-- いくつかのデータベースに分散されていることを前提としている。
-- パーティショニングされるデータベースへの接続文字列は
-- get_cluster_partitions() 関数の中にある。
-- 次の関数は、プロキシーサーバで実行され、適切にパーティショニング
-- されたリモートデータベースから、指定ユーザのメールアドレスを取得。
CREATE FUNCTION ユーザメール取得X(指定ユーザ text)
RETURNS SETOF text AS $$
  CLUSTER 'クラスタ';
  RUN ON hashtext(指定ユーザ);
  SELECT メール FROM ユーザ WHERE ユーザ名 = $1;
$$ LANGUAGE plproxy;

-- 2つのデータベースにパーティショニングされている場合は、
-- ハッシュ値が偶数か奇数かによって振り分けられる
select hashtext('くわむら');
select ユーザメール取得X('くわむら');
select hashtext('kuwamura');
select ユーザメール取得X('kuwamura');

::::::::::::::
test3-1.remotefunction.sql
::::::::::::::
-- 簡単なINSERT機能の例
-- PL/Proxyを通してデータを挿入するために、
-- 挿入ファンクションは実際に実行されるリモート側データベースすべて
-- において、それぞれ定義する必要がある。
-- psql -s -p 54321 -h 127.0.0.1 jpug -f test3-1.remotefunction.sql
-- psql -s -p 54322 -h 127.0.0.1 jpug -f test3-1.remotefunction.sql
-- もちろん、テーブルもそれぞれのリモート側データベースに必要。
-- ここで、ユーザ・テーブルをあらためて作成。
DROP TABLE ユーザ;
CREATE TABLE ユーザ (
  ユーザ名 text,
  メール text
);
-- 各リモート側データベースに定義する挿入関数
CREATE OR REPLACE FUNCTION ユーザ挿入(ユーザI text, メールI text)
RETURNS integer AS $$
  INSERT INTO ユーザ (ユーザ名, メール) VALUES ($1,$2);
  SELECT 1;
$$ LANGUAGE SQL;

::::::::::::::
test3-2.proxyfunction.sql
::::::::::::::
-- 挿入クエリを適切なリモートデータベースに送るために、
-- プロキシーサーバ上にプロキシファンクションを定義する。
-- psql -s -p 54320 jpug -f test3-2.proxyfunction.sql
CREATE OR REPLACE FUNCTION ユーザ挿入(ユーザI text, メールI text)
RETURNS integer AS $$
  CLUSTER 'クラスタ';
  RUN ON hashtext(ユーザI);
$$ LANGUAGE plproxy;

SELECT ユーザ挿入('さいとう','z-saito@jpug');
SELECT ユーザ挿入('くわむら','juk@jpug');
SELECT ユーザ挿入('saito', 'h-saitou@ipa');
SELECT ユーザ挿入('kuwamura', 'kuwamura@gmail');


::::::::::::::
test3-3.proxyuser2pgbouncer.sql
::::::::::::::
-- PgBouncer経由で、プロキシと実体データベースのそれぞれに
-- クエリを投げて状態を確認。
-- psql -s -p 6666 proxy -f test3-3.proxyuser2pgbouncer.sql
SELECT ユーザメール取得X('さいとう');
SELECT ユーザメール取得X('くわむら');
SELECT ユーザメール取得X('saito');
SELECT ユーザメール取得X('kuwamura');
-- 実体のデータベースそれぞれにクエリを投げて状態を確認。
¥c part1
SELECT * from ユーザ;
¥c part2
SELECT * from ユーザ;
::::::::::::::
test3-3a.getusermail.sql
::::::::::::::
-- プロキシにクエリを投げて確認。
-- psql -p 54320 jpug -f test3-3a.getusermail.sql
SELECT ユーザメール取得X('さいとう');
SELECT ユーザメール取得X('くわむら');
SELECT ユーザメール取得X('saito');
SELECT ユーザメール取得X('kuwamura');
::::::::::::::
test3-3b.remoteuser.sql
::::::::::::::
-- 実体のデータベースそれぞれにクエリを投げて状態を確認。
-- psql -p 54321 jpug -f test3-3b.remoteuser.sql
-- psql -p 54322 jpug -f test3-3b.remoteuser.sql
SELECT * from ユーザ;
::::::::::::::
test4-1.remotefunction.sql
::::::::::::::
-- 簡単なINSERT機能の例
-- PL/Proxyを通してデータを挿入するために、
-- 挿入ファンクションは実際に実行されるリモート側データベースすべて
-- において、それぞれ定義する必要がある。
-- psql -s -p 54321 -h 127.0.0.1 jpug -f test4-1.remotefunction.sql
-- psql -s -p 54322 -h 127.0.0.1 jpug -f test4-1.remotefunction.sql
-- もちろん、テーブルもそれぞれのリモート側データベースに必要。
-- ここで、ユーザ・テーブルをあらためて作成。
DROP TABLE ユーザ;
CREATE TABLE ユーザ (
  ユーザ名 text,
  メール text
);
-- 各リモート側データベースに定義する挿入関数
DROP FUNCTION ユーザ挿入(ユーザI text, メールI text);
        --- 戻り値が変わるので消して作り直し
CREATE OR REPLACE FUNCTION ユーザ挿入(ユーザI text, メールI text)
RETURNS TEXT AS $$      --- point!
  INSERT INTO ユーザ (ユーザ名, メール) VALUES ($1,$2);
  SELECT current_user||'['||ユーザ名||','||メール||']' FROM ユーザ WHERE ユーザ名 =$1;  --- point!
$$ LANGUAGE SQL;

::::::::::::::
test4-2.proxyfunction.sql
::::::::::::::
-- 挿入クエリを適切なリモートデータベースに送るために、
-- プロキシーサーバ上にプロキシファンクションを定義する。
-- psql -s -p 54320 jpug -f test4-2.proxyfunction.sql
DROP FUNCTION ユーザ挿入(ユーザI text, メールI text);
        --- 戻り値が変わるので消して作り直し
CREATE OR REPLACE FUNCTION ユーザ挿入(ユーザI text, メールI text)
RETURNS SETOF TEXT AS $$        --- point!
  CLUSTER 'クラスタ';
  RUN ON ALL;   --- point!
$$ LANGUAGE plproxy;

SELECT ユーザ挿入('さいとう','z-saito@jpug');
SELECT ユーザ挿入('くわむら','juk@jpug');
SELECT ユーザ挿入('saito', 'h-saitou@ipa');
SELECT ユーザ挿入('kuwamura', 'kuwamura@gmail');
::::::::::::::
test5-1.proxyschema2pgbounce.sql
::::::::::::::
-- PL/Proxyの構成関数群を定義するためのスキーマ(plproxy)を生成する
-- ここでは、構成関数群を定義のうちパーティション取得のスキーマを
-- PgBouncer向けに変更する
-- psql -s -p 6666 proxy -f test5-1.proxyschema2pgbounce.sql
CREATE SCHEMA plproxy;

-- クエリをリモートデータベースに送る必要があるとき、 plproxyは
-- plproxy.get_cluster_partitions(cluster)関数を呼び出し、
-- 各パーティションに送るための接続文字列を取得する
-- (パーティションの数は2の階乗でなくてはならない)
CREATE OR REPLACE FUNCTION plproxy.get_cluster_partitions(cluster_name text)
RETURNS SETOF text AS $$
BEGIN
  IF cluster_name = 'クラスタ' THEN
    RETURN NEXT 'port=6666 host=127.0.0.1 dbname=part1';
    RETURN NEXT 'port=6666 host=127.0.0.1 dbname=part2';
    RETURN;
  END IF;
  RAISE EXCEPTION 'クラスタ名が見つかりません';
END;
$$ LANGUAGE plpgsql;

-- plproxy.get_cluster_version(cluster_name) 関数は、リクエスト毎に
-- 呼び出され plproxy.get_cluster_partitions() の結果キャッシュを
-- 出力として再利用できるかどうか決定する
CREATE OR REPLACE FUNCTION plproxy.get_cluster_version(cluster_name text)
RETURNS int4 AS $$
BEGIN
  IF cluster_name = 'クラスタ' THEN
    RETURN 1;
  END IF;
  RAISE EXCEPTION 'クラスタ名が見つかりません';
END;
$$ LANGUAGE plpgsql;

-- plproxy.get_cluster_config() 関数はパラメータを調整する。
-- ここでは接続の持続時間を設定している。
-- 他のパラメータについては本体付属文書を参照のこと。
CREATE OR REPLACE FUNCTION plproxy.get_cluster_config(
  in cluster_name text,
  out key text,
  out val text)
RETURNS SETOF record AS $$
BEGIN
  -- lets use same config for all clusters
  key := 'connection_lifetime';
  val := 30*60; -- 30min.
  RETURN NEXT;
  RETURN;
END;
$$ LANGUAGE plpgsql;


::::::::::::::
test5-2.proxyfunction.sql
::::::::::::::
-- 挿入クエリを適切なリモートデータベースに送るために、
-- プロキシーサーバ上にプロキシファンクションを定義する。
-- psql -s -p 6666 proxy -f test5-2.proxyfunction.sql
DROP FUNCTION ユーザ挿入(ユーザI text, メールI text);
        --- 戻り値が変わるので消して作り直し
CREATE OR REPLACE FUNCTION ユーザ挿入(ユーザI text, メールI text)
RETURNS SETOF TEXT AS $$        --- point!
  CLUSTER 'クラスタ';
  RUN ON ALL;   --- point!
$$ LANGUAGE plproxy;

SELECT ユーザ挿入('さいとう','z-saito@jpug');
SELECT ユーザ挿入('くわむら','juk@jpug');
SELECT ユーザ挿入('saito', 'h-saitou@ipa');
SELECT ユーザ挿入('kuwamura', 'kuwamura@gmail');


JUGEMテーマ:コンピュータ
 
» read more

CentOS5.3で、PostgreSQL-8.4RC1にアップデート

JUGEMテーマ:コンピュータ
 
PostgreSQL 8.4のRC1(リリース候補1)が出たということで、
さっそくベータサイトを覗いて見たところ、

http://www.postgresql.org/developer/beta


yumリポジトリのパッケージも更新されていたので、さっそく
アップデートしてみた。

http://yum.pgsqlrpms.org/8.4/redhat/rhel-5-i386/

当リポジトリから、すでに 8.4 beta2 をインストールしてたので、
yum update postgres* で更新できた。

便利になったものだ。
» read more

CentOS 5.3 に postgresql-8.4 をインストール

JUGEMテーマ:コンピュータ

  PGDG PostgreSQLはpostgresqlのrpmパッケージのyumレポジトリを提供している。そこでは、最新版(現在β2ではあるが)postgresql-8.4のパッケージも用意されている。
インストールの仕方については、
http://yum.pgsqlrpms.org/howtoyum.php を参照のこと。

概要は以下のとおり。

» read more

textsearch_ja-8.4.0 で drupal-tsearch

JUGEMテーマ:コンピュータ

久々に開催となる週末のdrupal勉強会に向けてネタ仕込み。

少し面倒くさかったdrupal-tsearchによる日本語全文検索であるが、 2009年1月に更新されたバージョンのtextsearch_ja-8.4.0(http://pgfoundry.org/projects/textsearch-ja/)がリリースされていたので、postgresqlの設定(postgresql.conf)を変えるだけで使えそうなので試してみた。
設定変更は、次の箇所のみである。
--
default_text_search_config = 'pg_catalog.japanese'
--
※ この設定は、postgresql-8.3 で有効になったものである。

これにて、以前に試みたような、日本語対応をさせるためのパッチ(http://a98.jugem.jp/?eid=360)は必要なくなった。

そんなわけで,CentOS 5.2で試してみた簡単な手順は次のとおり、

» read more
<<back|<1234567>|next>>
pagetop