October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

CentOS6にC11(GCC)のインストール

JUGEMテーマ:コンピュータ

数年ぶりに、ある知り合いからメールが来た。
C言語の判定文の内容(式)をスクリプト言語のようにリアルタイムで変られないかというような内容だった。
大抵のスクリプト言語を使うと eval()関数を使うことでアドホックな判定分を実装することができるのだけど、
コンパイル言語では、コンパイルとダイナミックロードというのが、一般的なソリューションとなる。
結局そこまでする気はないということだったので、その話はそれでおしまい。

後日談になるけど、CINTというC++言語のインタープリターをご記憶の方もいると思う。CERN(セルン:ヨーロッパ合同原子核研究機関)で開発されていた
調べてみると、CINTはROOTというシステムのインタープリタとして現在もCERNで開発が続いていた。
http://root.cern.ch/drupal/content/cint
※個人的にはDrupalをCMSに使っていたことにも驚いた。

少し古いけど日本語のドキュメントも見つかった。
http://www.dw-sapporo.co.jp/technology/root_cint_dw_documents/root_cint_dw_documents

では、ダウンロードしてインストールしようと思ったのだが。OSはCentOS 6.x。 しかし、C11 準拠の
コンパイラが必要ということでコンパイルできなかった。そこで、C11なるコンパイラをインストール
しなくてはというわけで、C11準拠らしい GCC 4.9 をインストールすることにした。GCC 4.9 をインストール
するには、SVNリポジトリからソースツリーをコピーする必要があるし、そのほか、ライブラリがいくつか
(GMPとMPFRとMPC)と、flex(lex)およびbison(yacc)というツールがエラーメッセージ出たので、
したがってインストールした。
 
# yum install subversion
# yum install gmp-devel
# yum install mpfr-devel
# yum install libmpc
# yum install libmpc-devel
# yum install bison
# yum install flex

そうして、GCC 4.9 をsvnリポジトリからチェックアウトしてインストールする手順は次のとおり。
 
# svn co svn://gcc.gnu.org/svn/gcc/tags/gcc_4_9_0_release gcc
# cd gcc
# ./configure --disable-multilib
# make distclean
# make -i
# make -i install

ここでは、gcc, g++が正しくできることが目的なので、maikeがドキュメント生成のあたりで止まるのを -i オプションを加えて強制的にインストールをした。

注)上記の作業はいずれも、rootアカウントにて作業することを前提で書いている。

とりあえず、ここで一休み。
 

CentOS6にPostgreSQL Studioを入れてみた

JUGEMテーマ:コンピュータ
JUGEMテーマ:インターネット
PostgreSQL Studio は、オープンソースソフトウェアとして公開されていて、Webサービスとして利用可能なDBオブジェクトブラウザ。
http://www.postgresqlstudio.org/

機能としては、以下のバージョンのPostgreSQLに対応していて、
  • PostgreSQL 9.2.x
  • PostgreSQL 9.3.x
  • Postgres-XC 1.0.x
  • Postgres-XC 1.1.x
  • vFabric Postgres 9.2.4
Javaアプリケーションサーバがインストールされていれば、以下のO/Sで稼働する。
  • Windows
  • Linux
  • Mac
  • Unix
対応しているアプリケーションサーバは次のとおり。
  • Tomcat
  • Jetty
  • JBoss
  • GlassFish
  • など…
特徴としては、WebブラウザからHTTP/S接続ができて、5432ポートをブロックするファイアウォールの内側のPostgreSQLに、外部から安全にアクセスすることが可能。
そして、スキーマの表示や定義、問い合わせの実行などができる。。。詳しくはPostgreSQL Studioのサイトをご覧あれ。

さて、インストールの仕方だけど、CentOS6に Tomcat6を入れて、WARファイルをデプロイ(アップロードするだけ)してみた。
JDK 1.6 あるいは、JDK 1.7に対応しているそうなので、まずは、OpenJDK 1.7を入れてみた。
 
======================================
1. JDK 1.7 と Tomcat6のインストール
======================================
参照: http://kajuhome.com/tomcat6.shtml

(1.) Java 1.7 OpenJDKのインストール
# yum -y install java-1.7.0-openjdk
(2.) Tomcat6 とWebAppsのインストール
# yum -y install tomcat6 tomcat6-webapps tomcat6-admin-webapps
(3.) Tomcat6の起動設定
# chkconfig tomcat6 on
# chkconfig tomcat6 --list
tomcat6         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
# /etc/init.d/tomcat6 restart

======================================
2. PostgreSQL Studioのデプロイ
======================================
(1.) PgStudioの warファイルをダウンロード 

pgstudio_1.0.tar.bz2 を次のサイトからダウンロードする:
http://www.postgresqlstudio.org/download/
そして、展開する。
# tar xvfj pgstudio_1.0.tar.bz2 
pgstudio.war
# ls -l pgstudio.war 
-rw-r--r-- 1 root root 21198588  9月 27 04:50 2013 pgstudio.war

(2.) pgstudio.warをデプロイする

デプロイといっても、アップロードするだけで終わり。
Tomcat managerにアクセスして:
http://ドメイン名:8080/manager/html

i) "WAR file to deploy" の部分までスクロールして、
ii) ファイルチューザで"pgadmin.war" ファイルを選択し、
iii) [Deploy it]ボタンを押す。

(3.) pgstudioにアクセスしてみる。
アプリケーションリストからリンクをクリックしてもよし。直接入力する場合は、次のURLになる。
http://ドメイン名:8080/pgstudio/


(4.) 日本語化

ログイン画面のラベルは次のように変更できた。
# cd /var/lib/tomcat6/webapps/pgstudio
# cp -p PgStudio.jsp PgStudio.jsp.bak
# cp  PgStudio.jsp.bak PgStudio.jsp
# vi  PgStudio.jsp
# diff PgStudio.jsp.bak  PgStudio.jsp
42c42
<       <h3>Connect</h3>
---
>       <h3>接続</h3>
51c51
<         <div class="msg-error">Error: <%= err_msg %></div>
---
>         <div class="msg-error">エラー: <%= err_msg %></div>
59c59
<                     <label class="connectlabel " for="id_db_host">Database Host</label>
---
>                     <label class="connectlabel " for="id_db_host">DBホスト</label>
66c66
<                     <label class="connectlabel" for="id_db_port">Database Port</label>
---
>                     <label class="connectlabel" for="id_db_port">DBポート</label>
73c73
<                     <label class="connectlabel" for="id_db_name">Database Name</label>
---
>                     <label class="connectlabel" for="id_db_name">データベース名</label>
80c80
<                     <label class="connectlabel" for="id_user_name">Username</label>
---
>                     <label class="connectlabel" for="id_user_name">ユーザ名</label>
87c87
<                     <label class="connectlabel" for="id_password">Password</label>
---
>                     <label class="connectlabel" for="id_password">パスワード</label>
145c145
<           <span id="loadingMsg">Loading styles and images...</span><br/>
---
>           <span id="loadingMsg">スタイルとイメージを読み込み中...</span><br/>
# pwd
/var/lib/tomcat6/webapps/pgstudio
アプリ自体のラベルの日本語化はソースコードを変更する必要がありそう。たとえば、"Foreign Tables" というラベルがソースコードの MenuStackPanel.java にあるが、次のようにハードコードされている。

> ./src/com/openscg/pgstudio/client/panels/navigation/MenuStackPanel.java:                panel.add(ftables, TextFormat.getHeaderString("Foreign Tables", Images.foreignTables()), true);

ま、ラベルを日本語にしなくても、使えるので大丈夫。
pgstudio login

スキーマ名、テーブル名、カラム名などを日本語にしても大丈夫。

※難点として、IEを使ってると表示がずれる。


GPSロガー Transystem 747 ProS

評価:
---
Transysytem
¥ 9,870
()
コメント:AGPS対応で空旅にも使えたということで購入。

フライトの度にスマフォのGPSを使ってみるのだが、いっこうにに使えたためしがなくて、ふと見つけたサイト(菊池さんの工作室)http://kikuchisan.net/gps/で、見つけた747Pro Trip Recorderが気になり買ってみた。
ブルーツースは、これまでの経験上で面倒なことが多くて、より安くて、震動検知性能が改善されたという、747 ProS モデルにした。

とりあえず、昨日のメモを探しても見つからず時間ばかり過ぎるので、思い出しつつ、ここに書き残しておくことにした。

» read more

CentOS6.4にOpenCVをインストール

 CentOSの OpenCV、なかなかインストールできなくて。。。
yumでインストールできるパッケージは、2.0と少し古いみたいだし、新しいバージョンで顔認識とかのアルゴリズムが追加されているとか聞いたので、といっても時間がなかなかなくて、ちょっと試してはコンパイルエラーの繰り返しでもう半年近く。
最近、バージョン2.4 になって(http://opencv.jp/opencv2-x-tips/changelog_from_231 )、また、情報を見つけたので(*1)、マネしながら、なんとかコンパイル、インストールして、サンプルを実行できるようになった。

(*1)参照サイト
  1. http://d.hatena.ne.jp/kotaQ/20120807/1344357359
  2. http://denis.doublebuffer.net/lablog/2012/08/10/setting-everything-up-for-opencv-raspberry-pi/



» read more

多機能サバイバルコンパス

評価:
---
(株)プラタ
¥ 570
()
コメント:ITEM NO:T10 という名前もあるようで、名前通り10の機能を持つ多機能コンパス(ストラップ付き)。

Traitという英語のサイトでは、"Multi-function Compass Item No:T10 with Strape"として紹介されてた。その名の通り、10の機能を持っている。

1.温度計
2.湿度計
3.LEDライト
4.反射板
5.水平器
6.コンパス(磁石)
7.笛
8.火打石(発火用の棒とブレード)
9.拡大鏡
10.物差し

Amazon.co.jpの写真を見て、7つくらいの機能だと思っていたので、実物を見てびっくり。なんと、本体には笛と火打石が埋め込まれてた。滑走棒(tappet)で反対側の穴(aperture)から突くと取り出せるようになっていた。

<<back|<12345678>|next>>
pagetop