April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

iBUFFALO 無線(2.4GHz)BlueLEDマウス 省電力対応

評価:
---
バッファロー
¥ 1,120
(2011-12-12)
コメント:iBUFFALO 無線(2.4GHz)で便利なマウス。手を放すだけで節電というのも嬉しい。

iBUFFALO 無線(2.4GHz)でキーボードと一緒に使えるみたいなので買ってみた。

注意:simpringには非対応なのでレシーバは付属の専用のものを使わなくてならない。

iBUFFALO Simpring対応無線2.4GHzコンパクトキーボード ホワイト

評価:
---
バッファロー
¥ 2,902
(2012-02-28)
コメント:iBUFFALO でマウスと一緒に使えて便利な、無線2.4GHzコンパクトキーボード ホワイト

 JUGEMテーマ:インターネット


iBUFFALO Simpring対応で、USB機器を最大5つ繋げることができるらしい。

SRKB02WHは持ち重みのしないコンパクトキーボード。 普段は棚の上とか本棚とかにおいておける。
最初の接続で反応しないので壊れているのかと戸惑ったが、そうこうしているうちに繋がっていた。ボタンを2回おすのだった。無線2.4GHzで、USBコネクタに差すレシーバと勝手に接続してくれるので、Bluetoothに比べて設定が簡単。
宅内サーバ用にと TK-FCP026BKを買うつもりでアキヨド寄ったのだけど、持ち上げた感触がよかったので、少し奮発して、¥2890(どうでもいいことだけど、値札が¥2980と90円間違えてた)、 マウスと一緒に買ってしまった。

金環日食の写真は撮りそこない

 JUGEMテーマ:地域/ローカル

先日(5月21日)の金環日食を撮影を試みた写真。デジタルのくせに現像が遅いのはこのところの私の悪い癖(苦笑)。

日食


金環日食の写真を撮ってみたもが、ほとんど手振れで壊滅状態。
マニュアル撮影ができないので、だましだまし撮ろうと試みたもののやはり、露光が長すぎた。というよりも、だったら三脚使おうねと言われてしまうだろう。


金環日食

雲にフィルタされた影をNDフィルタ無しで撮った方がよっぽどましだったかもしれない。

1番目の写真がND100000を使った写真、2番目はND8を使った写真かな。

日食撮影用フィルター

評価:
---
ケンコー
¥ 9,880
(2011-10-28)
コメント:金環日食撮影用に

 日食撮影用フィルタは専用のものを、マルチホルダーにさし、使用レンズに合わせたアダプターリングをかませれば取り付けられる。
ちなみに、Coolpix AW100 の40.5mmフィルタアダプタにも、「ケンコー・トキナー ケンコー [76mm幅マルチホルダー用] アダプターリング 40.5mm 080142」に「Kenko マルチホルダー76」を付けて取り付け可能。

太陽観察用サングラス(日食用)

評価:
---
ケンコー
¥ 780
()
コメント:5月21日の金環日食に備えて買っておいた。

 5月21日 まであと1週間。
今度の金環日食は、肉眼ではわずかに光が薄く見える程度で、太陽の光が輪のようになることは、光量を抑えるフィルタを通して見る必要があるらしい。
ということで、「太陽観察専用SUNGLASS」なるものを用意しておくことにした。

今度の日食についての情報をよく確認しておこう。

望遠鏡や望遠レンズを通した太陽光の焦点は高温となり危険なので、決して肉眼で覗かないようにとのことである。子供たちへの注意だけでなく、歳をとるとそんなとも忘れがちである。

実際にどのあたりに見えるかも確認しておこう。もしかすると建物や山で見えないといけないので。

<<back|<123456789>|next>>
pagetop