May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

SkypeのPostgreSQLツール

JUGEMテーマ:コンピュータ
 
PgPool-IIは、ポートリプリケータであったpgpoolが多機能化して、コネクショ ンプーリングとパーティショニングの機能を盛り込んだもの。多機能のなったゆえ、pgpool IIを話題にしたたときにどの機能のことか混乱をきたしてしまっている。MySQLをDBMSとして話すときのデータベースエンジンのことのように、どの機能についての話題であるかをいちいち前置きしておく必要がある。MySQL ABがSun Microsystems社に買収されてから、MySQL Cluster と呼ばれた NDB Clusterエンジンを再び別の製品ラインとして分けたりで、また混乱させられてしまう。

ともあれ、Skype Technologies社は コネクションプールのためのPgBouncerと、パーティショニングを行うための plproxy を別々に開発している。それでもって、plproxy には skytools という管理用スクリプトのフレームワークも提供されている。すっきりとしたプログラムの切り分けとそれらのプログラムの協調動作は伝統的なUnixの思想にも通じるものがある。
以下は、skytoolsに関するブログサイトを参照しながら、試してみたときの簡単な覚え書きだ。

次のページに、PgBouncerとpgpoolのコネクションプール性能比較がある。
[url=http://www.lastfm.jp/user/Russ/journal/2008/02/21/zd_postgres_connection_pools%3A_pgpool_vs._pgbouncer]"Postgres Connection Pools: Pgpool vs. PgBouncer"[/url]


以下は、skytoolsに関するブログサイトを参照しながら、試してみたときの簡単な覚え書きだ。


» read more

CentOS4.xにPostgreSQL最新版簡単インストール

JUGEMテーマ:コンピュータ


わけあってCentOS 4.xにPostgreSQL 8.3.3をインストール。CentOS 4.xはRHEL4(RedHat Enterprise Linux 4)コンパチで、PostgreSQLはリリース7.4.xという一昔前のバージョン。ソースからインストールすれば済む話ではあるが、せっかくなので、もっと手っ取り早くできそうな、PostgreSQL RPM Building Project - Yum Repository からインストールしてみた。

まずは、HowTo説明に従って(http://yum.pgsqlrpms.org/howtoyum.php)、
/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo を編集し、[base]と[update]のセクションに、
exclude=postgresql*

を追加。

つぎに、
http://yum.pgsqlrpms.org/reporpms/repoview/pgdg-centos.html
から、pgdg-centos-8.3-4.noarch
をダウンロードして、それをインストール。

これで、PGDG RPMsの準備ができたので、yumを使ってインストール。まずは、

# yum install postgresql


で、以下のものがインストールあるいはアップデートされる。
...
Dependencies Resolved

=============================================================================
Package Arch Version Repository Size
=============================================================================
Installing:
postgresql i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 1.7 M
Installing for dependencies:
compat-postgresql-libs i686 3-2PGDG.rhel4 pgdg83 54 k
Updating for dependencies:
postgresql-libs i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 189 k
=============================================================================
...


次、肝心のサーバ、
# yum install postgresql-server
...
Dependencies Resolved

=============================================================================
Package Arch Version Repository Size
=============================================================================
Installing:
postgresql-server i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 4.4 M

Transaction Summary
=============================================================================
...


そして、開発環境とか。。。面倒なので、ワイルドカードでえぃやぁーとぉーっ。(よい子はまねしないように)

# yum install postgresql*
...
Dependencies Resolved

=============================================================================
Package Arch Version Repository Size
=============================================================================
Installing:
postgresql-contrib i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 349 k
postgresql-debuginfo i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 12 M
postgresql-devel i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 1.3 M
postgresql-docs i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 10 M
postgresql-jdbc noarch 8.3.603-1PGDG.rhel4 pgdg83 1.6 M postgresql-odbc
i686 08.03.0100-1PGDG.rhel4 pgdg83 225 k
postgresql-odbc-debuginfo i686 08.03.0100-1PGDG.rhel4 pgdg83 4.8 k
postgresql-plperl i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 34 k
postgresql-plpython i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 25 k
postgresql-pltcl i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 24 k
postgresql-tcl i686 1.6.2-1PGDG.rhel4 pgdg83 77 k
postgresql-tcl-debuginfo i686 1.6.2-1PGDG.rhel4 pgdg83 2.4 k
postgresql-test i386 8.3.3-1PGDG.rhel4 pgdg83 1.2 M

Transaction Summary
=============================================================================
...

で、残りのすべてもインストールされた。

それから、初期設定、
» read more

PostgreSQLのcode_swarm

JUGEMテーマ:インターネット




code_swarmはソフトウェア開発プロジェクトの歴史をコードのコミットを元に可視化するプログラムで、Michael Ogawa氏によりProcessingを使って、Google Codeにおいて開発されている。
製作されたビデオを再生してみると、宇宙に浮かび輪をなす星団のまわりを開発者の名前が飛び交い、衝突を繰り返しながら成長してゆく姿がドラマチックに描き出される。サイトには彼の製作したPostgreSQL以外のビデオもあり、それぞれのソフトウェアのコードの生い立ちを垣間見ることができる。無の空間から輪郭を形作ってゆくApache はとてもロマンチックであるし、Pythonのドラスティックなポーティングコードとの鬩ぎ会いには見ていても熱が籠ってくる。さらに、Eclipseの壮大なスケールには圧倒される。要所ヾにキャプションが入りドラマを盛り上げる。
PostgreSQLの開発にかかわった日本人の名前が幾度となく出てくることは、とても嬉しいことである。

さよなら、ひかり回線

JUGEMテーマ:インターネット


3年半ほど御世話になったDTIひかりone(旧TEPCO光)のインターネット回線を解約した。

http://a98.jugem.jp/?eid=295

http://a98.jugem.jp/?eid=293
http://a98.jugem.jp/?eid=232
http://a98.jugem.jp/?eid=49
http://a98.jugem.jp/?eid=46



それというのも、事情があって2回線維持ための経費はばかにならなくなったというだけの理由。
今年になってEMobileだきあわせ販売のEeePCを衝動買いしたのだが、このサービスにADSLの回線がおまけでついていて、とりあえずの用は足りていることがわかったから。
http://d.hatena.ne.jp/a98/20080210
http://d.hatena.ne.jp/a98/20080218
http://d.hatena.ne.jp/a98/20080403

これまで、マシンスペックのため、高速なインターネット回線を堪能していなかったこともわかってはいたのだが、結局、日常的には利用するサイトの回線速度や混み具合によって、体感速度が大幅に落ちるわけではないということもわかった。

というわけで、外出時に料金を気にしないでモデムを存分に使えるほうがありがたいという個人的な状況の再認識をした次第。フルに使っても光1回線分の料金なんだ。

Postgres Plus

JUGEMテーマ:コンピュータ

JUGEMテーマ:インターネット

EnterpriseDB 社から Postgres Plus がリリースされてた。日本のサイトではまだアナウンスされていないが、おそらく日本語対応中であろう。
Postgres Plus は、オープンソースミドルウェアのPostgreSQLをベースにWeb 2.0 向けのプロダクトをカスタマイズして一緒にパッケージングしてある。主な特徴は以下のとおり:
* すべてオープンソースで、32ビットおよび64ビットのLinux, Windows, そして Mac OS X に対応
* 約5分のインストールで、もっとも一般的に必要とされるPostgreSQLとそのアドオンがインストールされる。そこには、高度な暗号化のほかに、Java, Ruby/Rails, PHP, Ajax, J2EE および、REST/Webサービスのクライアントコネクタ
* 既存アプリケーションを瞬時に移行可能なMySQLマイグレーションツール
* インストールの必要がある重要な更新を知らせる更新通知サービス

※ Postgres Plus は、日本のベンダが開発したPostgreSQL Plus とは異なる製品。
<<back|<123456789>|next>>
pagetop